でんしゃはうたう

文 三宮麻由子
絵 みねおみつ
発行 福音館書店
初版 2004/3/1
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
お母さんと男の子が電車に乗り込み目的の駅に到着するまでの景色と聞こえてくる音を描いた作品です。

 

感想
普通の文章はまったくありません。すべてが電車に乗っていると聞こえる擬音語(あと最初と最後だけ車掌さんのセリフがあります)で構成されている珍しい絵本です。しかも電車から見える景色が細かく描かれていて、この擬音語と景色のシナジーによって電車に乗っている気分になれます。この絵本を読んでると、作者のお二人は楽しんで協力して作られたのだろうということがうかがわれます。電車好きな小さな読者はとっても楽しめる絵本じゃないかなと思いますよ。

作者の三宮麻由子さんは幼い頃に視覚を失ったのだそうで、そのせいか電車の歌う声を細かく捉えられています。鉄橋を渡ったり、他の電車とすれ違ったり、徐々にスピードを落としたり、それぞれ違う歌が聞こえてきます。文字にも工夫があって、大きい音は大きいフォント、小さい音は小さいフォント。踏切の音は近づくにつれ大きくなるので、フォントは少しづつ大きくなります。いや~こだわってます。この辺はフォントに忠実に読み聞かせたらこどもが喜んでくれそう。

私も以前電車通勤をしていたので大体は「あっあの音だな」というのはわかりました。よくわからない音は一部でした。でも電車にあまり乗り慣れていない人は読むのに苦労するかも知れませんね。そもそもこれだけ擬音語だけが続く文章というのはそうそうないので、噛まずに読めるかどうか(笑)。読み聞かせのために事前練習が必要かも。

終始電車から見える景色が描写されていますが、この景色、運転席そばから見える電車の真正面の景色なんですね。こどもの特等席です。町の人々や立ち並ぶお店や河原の様子など、細かく描かれていて絵を見るだけでも楽しめます。これを読むと先頭車両に乗りたくなること間違いないと思われます(笑)

本には対象年齢が3~5歳と書いてあったのですが、電車好きの子なら2歳でも十分OKだと思います。

せいめいのれきし

文 バージニア・リー・バートン
絵 同上
訳 いしいももこ
発行 岩波書店
初版 1964/12/15
対象年齢 10歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 77
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
太陽が生まれてから現代までの長い間の、主に地球上に生まれては消えていった様々な生物の歴史を見ていく本です。

 

感想
物語の本ではなく(主に)科学本であり歴史本です。作者はこの本を作るために何年間も相当に勉強したのだそうです。

太陽ができ、地球ができ、岩ができ、海ができ、生物が生まれ、植物が生まれ、動物が生まれ、氷河期を過ぎ、人間が生まれ、春が来て、夏が来て、夜が明けて、と現在へ続いてきます。最後の場面はあなた(つまり読者)が今いるところ。

最初の内は1ページめくる度に数十億年経過するのですが、その間隔は時代が進むにつれて数億年、数千年と段々短くなっていきます。宇宙物理学的な歴史から、鉱物学的な歴史、生物学的歴史、人類の歴史、アメリカの歴史と観点が移り変わっていくのでこうなるんですね。面白いのは終盤では1ページめくると季節が変わり、一番最後では1ページで数時間の経過に変わります。これが今まで見てきた長い歴史と今現在がつながっているという不思議な感覚をもたらしてくれます。

意味をわかってくれさえすれば、こどもには非常にエキサイティングな内容だと思うのです。今私達が住んでいるところは実はこの宇宙のほんの片隅であること。最初から今のような人間がずっと存在したわけではなく昔は恐竜が跋扈していた時代もあり、生物さえ存在しなかった時代もあること。人間が生まれる前は気が遠くなるほど長い歴史を経てきているということ。天動説から地動説に変わるくらいのレベルの驚きがこの本にはつまっており、知的好奇心をくすぐると思うのです。

ただこの本では本当に淡々と時系列に学術的に整理して矛盾なく説明されるばかりで、あえてこどもの興味をひこうというような表現方法にはなってないんですね。(難しい言葉は補足的に説明がついたりはしています。)そういう意味でちょっとこどもを選ぶ本になってしまっているかも知れません。対象年齢が10歳からということにしましたが、漢字にはすべてふりがながふってありますからもっと小さい子でも読めないことはないです。が面白いと感じたり、興味を持ったりしてくれる子はそう多くはないかも。

しかしこのような観点で過去の歴史を見ていくという本は、大人向けでもほとんどないと思います。ましてや子供向けとなると、非常に貴重であることは間違いないと思います。

【おもちゃ・ゲーム】かたろーぐ

対象年齢 5歳から
プレイ人数 2~8人
1ゲームに要する時間 5~10分

このゲームの特徴は会話によって自分の考え、相手の考えをキャッチボールできるということです。発達障害のこどもに好影響があるという見方もあるようです。

ちゃがちゃがゲームズ: かたろーぐ

ルールはとってもシンプルです。多くのアイテムが載っているカタログやチラシなどを一つ用意します。一人(マドンナ)がその中に載っているアイテムから好きなものを好きな順に7つ選んでもらい、他の人はそれを一番好きなものから当てていくというゲームです。適宜質問することもできます。勝ち負けはありません。当たった人はハート型の宝石をもらえます。一番宝石をもらった人はマドンナの事を一番理解している人、ということになります。親子や男女二人でお互いの理解度を測るという遊び方もできます。

質問したり答えたり、また当たった場合どうしてそれがその順位なのかを説明したりして、多くのコミュニケーションがとれるゲームです。ただ当てっこゲームというだけでコミュニケーションがないとこのゲームの魅力は半減してしまいます。このゲームが『カタログ』に引っ掛けて『語ろー、ぐ』という名前になっているのはそういう意図が含まれているのでしょう。相手のことを理解しようとする、逆に自分の考えを相手に上手に伝えるというコミュニケーションのスキルを上げることにもつながると思います。

ゲームには食べ物、職業、おもちゃ、レジャーの4分野に関するアイテムが描かれたシートが予めついていて、まずはそれを使ってゲームを始める事ができますが、家にある折込チラシなどを使うこともできます。カタログやチラシを変えれば無限に新しいゲームができるというところが面白いですね。どんなアイテムの載っているものを選ぶかによって楽しさも変わってきそうです。

あと、勝ち負けがハッキリするゲームが苦手なこどもにも受け入れられやすいかと思います。

このゲームはAmazonや楽天などでは売っていないようです。生産数も少ないようでよく売り切れてたりしますが、しばらくするとまた販売が再開されたりします。購入したい方は上のリンク先からいくつかのお店をあたってみてください。