【大人向け本】子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ

著者 天野ひかり
発行 サンクチュアリ出版

この本は、ふと絵本『おこだでませんように』を久しぶりに手に取った後に読みました。この絵本では大人とのコミュニケーションがうまくいってないことが遠因となって普段怒られてばかりいる男の子が主人公です。自分の経験から考えても、自分はこどもの気持ちを聞こうとしているだろうか、『上から教えを垂れる』という気持ちがどこかにあって自分の主張だけをしていないだろうか、そんな不安を改めて感じてしまいました。

さてこの本のことに戻りますが、この本はそんなこどもとのコミュニケーションに関する悩みをもつ親のためのアドバイス本です。副題として「怒って落ち込むその前に」と付いています。まさに『おこだでませんように』にとの関連性を感じます。著者の天野ひかりさんは、元々テレビ局のアナウンサーでした。自身が仕事と子育ての両立に悩んだそうです。そしてたまたま子育ての番組を担当したことから、知識があれば子育ての不安は小さくなりもっと楽しくなるということ、こどもと一緒にいる時間の長さよりもどんな風にすごすかが大事なんだという事に気づいたのだそうです。そして現在は『NPO法人 親子コミュニケーションラボ』を主宰して、親子のコミュニケーションに悩む大人にアドバイスを送っているのだそうです。

本書は大きく3つの章からなります。第一の章は、基本編。ここではコミュニケーション以前に大前提として知っておくべきことが書かれています。ここで私はいきなりガツンと殴られたような気がしました。著者は言い切ります。

親のいちばん大切な役割は「子どもの自己肯定感を育てること」です。

自己肯定感という言葉はよく聞きます。育児書には必ずと言っていいほど出て来る言葉です。が、なぜそれが重要なのかこの著者はとてもわかりやすい説明をしてくれます。自己肯定感は器なのだそうです。こどもが成長の過程で身につけていく知識や能力を入れるための器です。器が弱かったり小さいと、ちょっと失敗したり怒られたりするとヒビが入ったり中身が溢れてしまったりします。でも親の多くは器を丈夫で大きなものにする前に知識や能力を詰め込もうとしており、それは順番が逆だと主張されています。そしてさらに自己肯定感を育む唯一の方法は親の適切な言葉がけだとしているのです。いや~私はこの本の最初の章のさらに一番最初の節を読んだだけでこの本を手にしてよかったと思いました。

第二章の内容はそもそもの本書のダイトルそのまんま、『聴いてくれて話してくれる会話のコツ』です。8つのコツを提示してそれぞれ詳しく説明されています。8つのコツはそれぞれ非常に納得できるものです。何故かと言うとどれも最初に悪い例をあげているからなんですね。私もそうでしたが、多分これを読んだ親御さんは悪い例を読んだ時に「あっ自分もやってる!」といくつか思うでしょう。知らない内にこんな事をやってたなんて、ホント馬鹿だなって反省しましたよ、マジで。全部を今日からいきなりうまくやるというのは難しいでしょう。現実的にはできそうなものから徐々に身につけていくようなやり方になるのだろうと思います。

第三章は、実践編です。日常の様々なシーンでの会話を例にあげて、前述のコツを使った会話とは実際にどんなものかを解説していきます。実はこの第三章が本書のページ数の半分以上を占めています。28もの日常のシーンを例にしているのです。最初私は、ここまで細かく説明する必要があるのか?と思いました。コツさえ知ってればいいのではないかと。でも違うんですね。第二章の理解を深めるためにも第三章は必要です。それに8つのコツに収まりきらないTIPSを多分この著者はいっぱい持ってるんですね。ご自分の経験やNPO法人での経験によって蓄積されているのでしょう。その一端を知る意味でも第三章も読む価値ありなのです。

おんなのこのおえかきレッスン

絵 オチアイトモミ
発行 ひかりのくに
初版 2012/3/
対象年齢 8歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 64
発行部数 不明
オススメ度 B

概要

これは絵本ではありません。物語もありません。女の子のイラストを可愛く書くための練習帳のようなものです。

 

感想

これはなかなか面白い本(?)です。キレイな服を着た可愛い女の子の絵を描くのが好きな子、描きたいと思っている子は多いでしょう。この本はそんな子のために、上手に描く方法を教える練習帳です。

描こうとする絵は、漫画チックなキラキラした目の女の子。表情や髪型、ドレスに色んなバリエーションがあります。上記の表紙の絵にも左下の方にちょっとイラストが出ていますね。こんな感じです。

練習の方法はなぞり書きです。見本の薄い線に沿って鉛筆を走らせていきます。ちょっとしたアドバイスもところどころにありますが、基本的に描きながら覚えていく感じです。最初は顔の描き方、目の描き方から始まって、表情の描き方、ヘアスタイルの描き方と順に習得してきます。本書の最後の方には女の子を始めとして、動物や植物、食べ物、ファッションアイテム、王子様などのイラストのお手本シートがあり、ページの上に白い紙を乗せて透けて見えるお手本をなぞり書きできるという趣向です。

塗り絵でメイクやドレスに色付けするコーナーや、自分で自由にドレスをデザインして描くコーナーもあります。

この本を全部やればそこそこ上手なイラストが描けるようになりそうな気はします。もちろんある一定の書き方の真似事でしかないわけですが、これで自信がついたり、イラストを書くことの面白さを知れば、その後は自分でさらに成長していくのではないでしょうか。

さらにおまけのページもあり、心理テストやおまじないのコーナーがあります。心理テストはともかくおまじないに関しては「ちょっとなぁ」という感じ。お友達ができるおまじないとかあるんですが、嘘はいけませんね。

この本を活用するにはそれなりに絵を描く能力・経験があることという前提条件のようなものが必要になるかも知れません。あくまでも『それなりに』ですが。と言うのは、恐らく幼稚園・保育園の園児位だとちょっと難しいのではないかと思われるからです。この本に出てくるようなイラストを描くにはまず自分の手を細かいレベルで思い通りに動かす能力が必要です。また絵を描くということはその描く対象を脳の中でイメージできる必要があります。園児位のこどもが人物を描くと、頭にボサボサの髪が生えていて、手や足は一本づつの線で描かれるでしょう。それは人物に対するイメージが、髪があって手や足があってというレベルの認識しかできていないからだと思います。そのレベルから一足飛びに、手や指の太さや形とか、顔の表情とかに飛んじゃうのはやっぱり無理かなと思います。そんなことを考えてまあ8歳以上が適当ではないかなと思いました。因みにウチの子は8歳でこの本に出会いましたが、まだそう簡単にマスターできるような状況ではないです。でも楽しんでやってるようです。最初のページから順に勉強のようにやっていくのではなく、あくまで遊びで好きなページからやっているようですがそれでいいのだろうと思っています。

【大人向け本】子どもが育つ親子あそび365

;

著者 スティーブ&ルース・ベネット
訳 矢羽野薫
発行 ポプラ社

こどもが幼稚園くらいの頃、私はなるべくこどもと一緒に自分達で遊びの方法を考えて遊ぶように心がけていました。遊びを考えるということが頭を使い創造力を養うことになると思ったからです。私が遊びを考えると、こどもが「ここはこうした方がいい」とか「こんな遊びはどう?」とか自分で考えて言ってきたりして、実際これはなかなかこどもにいい経験になったかも知れないと思っています。

遊びを考えるに当たって私は、身の回りの物事すべてが遊びのヒントになるだろうからアイデアの源泉は無限にあると楽観的に考えていました。それは間違いではないと思いますが、でも新しい遊びを考え続けるのは実際なかなか大変なんです(汗)。だんだんアイデアが出にくくなっていきました。乾きかけた雑巾を無理やり絞るように(笑)遊びを考えるようになって、既成の遊び道具やおもちゃにも頼るようになっていきました。ところがこどもが小学校の3年生になって私より友達と遊ぶようになってきた今、この本を偶然見つけました。こんな本があったんですねぇ。この本では365種類もの遊びが説明されています。この本を読むと、まさに『身の回りの物事すべてが遊びのヒントになる』ということがわかります。私は全然甘かった。載っている遊びの殆どは誰もが知ってるような定番と言えるような遊びではなくて、まさに著者が自分で考えたのであろう遊びです。この本に出ている遊びをやっている内に大人もこどもも自分でも遊びを考えてみようという気持ちになるかも知れません。

この本の原題は『365 TV-FREE ACTIVITIES』。つまりこどもにテレビなんて見せるよりも、一緒に遊んだ方がこどもにとっていいですよ、という著者の考えに基づいて書かれています。もちろんテレビだって役に立つ面もあるでしょうが、見る方は一方的に受け取るだけであんまり頭を使わないで済むし、スキンシップもコミュニケーションもありませんからね。テレビに子育てさせるようなことはしたくないと私も思います。

そして肝心のこの本に載っている遊びの内容ですが、あんまり期待しすぎないでください。私は玉石混交だと思いました。正直言って「これって遊びとして面白いか?」って思うようなのも中にはあります。逆にこれはいい!というのもありましたよ。面白そうだったり、こどもにいい影響を与えそうだったり。遊びと言っても鬼ごっこのようにルールがあって何かを競いあったりするようなそういうゲーム的な遊びではなくて、何かを作ったり、何かにチャレンジしてみたり、学校の授業でもやるかもしれないなというような知的作業みたいなものも。たわいもないと言えばそうかも知れませんがこどもにとっては面白い体験になるというタイプの遊びがほとんどです。一つの例を上げますと『紙は何回まで半分に折れますか?』という遊び。ただ一枚の紙を何度も半分に折っていきます。でも絶対にある回数以上は折れないんですね。それを実際にやってみる遊びです。

この本をパラパラめくって良さそうな遊びを試してみるのもいいですし、この本を読むことで自分達で遊びを考えるヒントを得るという使い方でもいいかと思います。こどもの年齢は3歳位から小学校に入って計算ができないと遊べないようなものまで幅広くありました。