ミリオンぶっくとは


ミリオンぶっくとは、TOHANという出版流通の会社が小冊子としてまとめたものです。

国内で子供向けに発売された日本語の絵本の中で、累計で100万冊以上の売上がある絵本を紹介しています。2010年度版のミリオンぶっくでは、121冊の絵本がリストアップされています。

私はミリオンぶっくの本すべてを実際に読んだわけではありませんが、読んでみたものに関しては、いずれも味わい深く、何かしらこどもの心の琴線に触れるようなものを持っている本ばかりだと思います。一時的な流行というよりも、長く愛され評価されてきた結果として、今なお部数を伸ばしているのでしょう。

このサイトで紹介する絵本は必ずしもミリオンぶっくに載っているとは限りませんが、もしミリオンぶっくに載っている場合は、その旨もお知らせするようにしています。「ミリオンぶっく」というカテゴリやタグを設定していますよ。

また、『発行部数で選ぶ』のページで紹介されている本は、すべてミリオンぶっくです。