おやおやじゅくへようこそ


文 浜田桂子
絵 同上
発行 ポプラ社
初版 2012/3/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
おやおやじゅくとは、親が通う塾です。先生はこども達です。こどもと楽しく暮らすために勉強します。

おやおやじゅくの時間割は次の通りです。
1時間目 こどものお仕事を勉強する
2時間目 親のお仕事を勉強する
3時間目 トレーニング
4時間目 ドリルでテスト

さあ、おやおやじゅくが開講しますよ~

 

感想
基本的に親が読むべき内容だと思いますが、こどもと一緒に読んだ方がより楽しめてしかも効果的な気がします。

決して堅苦しい本ではありません。こども先生の講義という形で、やさしい(易しい&優しい)内容をユーモアを交えて楽しく語っています。こどもの読む絵本ですから、こども目線で書かれています。

こどものお仕事ってなんでしょう。本書の中でいくつか紹介されていますが、一つだけ明かしますと「しっぱいすること」。失敗するのはお仕事なんですね。そう言われると確かにそう。失敗しながら色んな事を学んでいくんですもんね。

では親のお仕事はなんでしょう。これもいくつか紹介されています。例をあげると「こどものはなしをきくこと」。これも確かにそうですよね。

こんな風に、書かれていることはある意味当たり前のことです。でも忙しいお父さんお母さんは慌ただしい日々の生活の中で、ふと忘れてしまう可能性のある事でもあります。ふとした時にこの本をめくってみるといいかも知れません。

トレーニングは面白かったな。親に必要な体力や技術を身につけるトレーニングとこども目線のいぷう変わったトレーニングがあります。前者には笑顔トレーニングとか。後者はゆうれいになるトレーニングとか(笑)

ドリルの問題は全部で3題。いずれも日常にあり得るシチュエーションでの親の取るべき対応を問うています。この問題を見て思ったのですが、親は日常生活において常に、こどもにどう対応していくべきかを試されているようなものですね。完璧は無理としても、惰性に陥らずに、こどものためにどうするのが最善なのかという意識を忘れたくないと思いました。

コメントは受け付けていません。