うずらちゃんのかくれんぼ


文 きもとももこ
絵 同上
発行 福音館書店
初版 1994/2/25
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 114万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

概要
うずらちゃんとひよこちゃんがかくれんぼを始めます。

超初級の隠し絵が3題と、おまけの影絵が1題織り込まれた、小さい子向けの絵本です。

 

感想
2歳前後のこどもにちょうどいいレベルとボリュームだと思います。

シンプルなストーリーもちゃんとあって、最後はハッピーエンドです。

かくれんぼを題材にしているのがとってもいいです。かくれんぼはこどもの遊びの王様ですからね。知らない子はこの本で覚えるだろうし、知ってる子は知ってる子でますますワクワク感を持って読めると思います。

「もういいかい」「まあだだよ」「もういいよ」
この言葉が繰り返しでてきます。この単純なコミュニケーションが小さい子には嬉しいらしいんですよね。この本で覚えたら、日常生活でも使ったらいいと思います。

どのページにも草花が出てきて色鮮やかです。かわいい絵柄なのですが、でもほんのちょっぴりシュールな感じがするのは私だけでしょうか。そのせいか影絵のページでは若干おどろおどろしさがあって、臆病なこどもは嫌がる可能性もあるかな、と感じました。まあ大部分のお子さんは大丈夫でしょうけど。

コメントは受け付けていません。