ないしょのおともだち


文 ビバリー・ドノフリオ
絵 バーバラ・マクリントック
訳 福本由美子
発行 ほるぷ出版
初版 2009/5/25
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
昔々、とても大きな家にマリーという女の子とその家族が住んでいました。その家の隅には、小さい家があってネズミの女の子が家族と住んでいました。

マリーとネズミは、ふとしたことからお互いの存在に気づき、家族には内緒で毎日手を振り合うようになります。

やがてマリーは大きくなり、家を出ます。ネズミも大きくなり家を出て、お互いに会えなくなりますが…

親子2代に渡る女の子とネズミの女の子の秘密の関係を描いた、かわいくユーモラスな絵本です。

 

感想
一目見て、これはご紹介しなくちゃと思いました。

この本を見ているとなんだか自然にスマイルになってしまいます。遊び心にあふれたお話と絵です。

表紙をご覧になって分かる通り、ネズミの女の子も人間の女の子と同じような生活をしているんです。本を読み、食器で食事をし、ベッドで眠り…それぞれの行動がネズミと人間の両方共ページの左右で対比するように描かれていて、それがとても愉快です。

大人達には内緒の自分だけの秘密を持つって、何だかワクワクしていいですよね。家族に気付かれないように何気ないふうを装って、ネズミとコミュニケーションする仕草がとても愛くるしいです。

ちゃんとしたストーリーがありますが、難しいものではないので、4歳未満でも楽しめる子は楽しめると思います。

絵は細部まですご~く緻密に描かれていて、しかも品があります。

因みに、カバーには作者と訳者の紹介文が載っているのですが、そんなところにまでユーモアが散りばめられています。

コメントは受け付けていません。