くまさんのおたすけえんぴつ


文 アンソニー・ブラウン
絵 同上
訳 さくまゆみこ
発行 BL出版
初版 2012/7/10
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
くまさんが森を散歩しています。

それをハンターが見つけ、つかまえようとします。

でも数々のピンチをくまさんはしのいでいきます。くまさんは魔法の鉛筆を持っているのです…

 

感想
魔法の鉛筆とは、空間に何か描くと描いたものが本物になる鉛筆です。例えば、のこぎりを描けば、それを使って檻を出ることができるのです。この鉛筆の不思議さ、楽しさがこのお話の主軸になります。夢がありますよね。

くまさんが魔法の鉛筆を使ってハンターの襲撃や罠から逃れるエピソードが数回。最後もやっぱり鉛筆を使ってハンター達から完全に逃れてめでたしめでたしのハッピーエンドです。

お話はくまさんとハンターの攻防なのですが、何というか緊迫感はまったくありません。当のくまさんが妙にマイペースでのほほんとしています。ハンターもくまさんにやられてばかりでダメダメだし。ほとんどセリフがなくて淡々とお話が進んでいくので、NHKの子供番組によくある短いアニメーションでも見ているような、不思議でちょっぴりシュールな独特の雰囲気です。

そして森を描いた背景もとってもシュールで面白いです。よく見ると森の植物の葉っぱや花に在り得ないものが…それらを見つけていくのもこの本の一つの楽しみです。

コメントは受け付けていません。