おおきな木


文 シェル・シルヴァスタイン
絵 同上
訳 村上春樹
発行 あすなろ書房
初版 2010/9/10
対象年齢 6歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 55
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
少年は大きな木が大好き。大きな木も少年が大好き。いつも一緒に遊んで幸せな時間を過ごしていました。

やがて少年は成長し、大人になっていきます。それにつれて大きな木と過ごす時間も少なくなっていきます。たまにやってきても、お金がほしい、家がほしいと言い出します。大きな木は自分を犠牲にしてそれらを少年に与え続けます。

やがて少年は老人になりました…

 

感想
1964年にアメリカで出版されて以来、世界各地で読み継がれてきたロングセラーの作品だそうです。

少年の成長に合わせ、淡々と時系列にエピソードを積み重ねていきます。絵もモノクロでシンプルな線画。とても地味な作品なのですが、押し付けがましくないのがかえって奥行きを感じさせます。人生について静かに考えるきっかけとなるような作品です。

色んな受け取り方ができて、性別、年齢、境遇などによって、読み取るもの感じるものが違うかも知れません。1ページ1ページ、様々な感情が行間に描かれていてアルバムのようでもあります。(アルバムは大体いい表情の写真だけですが、この本はちょっと違いますけどね。)一時だけハマってすぐに飽きるようなタイプの作品ではありません。

難しい言葉はないので、こどももストーリーは十分理解できると思います。でもあまり小さい子にはちっとも面白くないかも知れないと思って6歳からにしてみました。6歳でもどうかわかりませんが…。基本的にこどもに向けてこどもが楽しむために書かれた絵本ではないように思います。むしろ大人が読んだ方がいいとも言えます。

訳者村上春樹さんのあとがきの一部にこう書かれています。

あなたはこの木に似ているかもしれません。あなたはこの少年に似ているかもしれません。それともひょっとして両方に似ているかもしれません。

コメントは受け付けていません。