パンダ銭湯


文 tupera tupera
絵 同上
発行 絵本館
初版 2013/8/
対象年齢 4歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
パンダの親子(父、母、息子)が銭湯に行きます。

銭湯に出かけるところから、銭湯を出てくるところまでの過程が描かれています。

 

感想
話の概要を見ただけでは何が面白いのかサッパリだと思いますが、この本めっちゃオモロイですよ。

パンダ専用の銭湯の中で、パンダの衝撃の真実が明らかになります。あのかわいいかわいいパンダが実は…。あとは本を手にとってのお楽しみ。パンダがあれを外すところなんかもう、やられた感満載でしたよ。

爆笑する面白さというより、思わずニヤリとさせられてしまうタイプのユーモアです。なんとも言えないシュールで微妙な空気がたまりません。

文章はほとんどなくて、パンダ達のちょっとしたセリフがところどころにあるだけです。このセリフがまたいいですね。一般的なパンダのイメージとのギャップがおかしいです。

対象年齢は正直迷いました。話は単純だから理解できると思いますが、面白さを理解できるかどうか。2歳だと早すぎると思います。3歳でこの面白さがわかる子ももしかしたらいるかな、でも勘違いしそう。まあ4歳位ならそこそこ楽しめるかな。そんな感じ。まあ小さい子にあんまり急いで見せる必要はないですよ。小学生位が一番楽しめるかも知れません。これ、学校の図書館にあったら絶対流行りそう(笑)

コメントは受け付けていません。