ノンタン ぶらんこのせて


文 キヨノサチコ
絵 同上
発行 偕成社
初版 1976/8/
対象年齢 2歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 240万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
ノンタンがブランコで遊んでいると、うさぎさんが「乗せて」とやってきますが、「まだ乗ったばかりだから」と断って遊び続けます。

その後も次々とお友達が「乗せて」と来ますが、なんだかんだと理由をつけて替わってあげません。その内にお友達は怒りだしてしまいますが…

最後には仲良くみんなで遊びますよ。

 

 

感想
実はあまり期待せずに読んだのですが、思いがけずとてもいい本でした。(失礼!)

自分だけじゃなくお友達の事も考えてあげなくちゃねという事。そして順番というのが一つの解決策である事を覚えるのにいいです。

小さい子が喜ぶ繰り返しも入っています。

そしてなにより数え歌が楽しい。ブランコを交代で乗るのにこの数え歌で区切りをつけるんです。10数えて、それにプラスおまけがあるのがかわいい。この歌があれば順番を待ってるのも楽しいよね。数を数える練習にもなるし。

ノンタンはもとより、お友達も表情豊かに描かれていていいですね。楽しい顔、意地悪な顔、疑心暗鬼な顔、恥ずかしい顔、怒った顔。こういう絵も知らず知らずの内にこどもに人間の感情というものを教えているかも知れません。

コメントは受け付けていません。