ノンタン ぶらんこのせて


文 キヨノサチコ
絵 同上
発行 偕成社
初版 1976/8/
対象年齢 2歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 240万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

ノンタンぶらんこのせて のあらすじ・内容

ノンタンが木の枝につながれたブランコで遊んでいると、うさぎさんが「ブランコ乗せて」とやってきますが、ノンタンは「まだ乗ったばかりだから」と断って遊び続けます。

次に他のうさぎさんがやってきて「ブランコ乗せて」と言いますが、「これから立ち乗りするんだもん」とやっぱり自分が乗り続けます。

その後も次々とお友達が「ブランコ乗せて」と来ますが、なんだかんだと理由をつけて替わってあげません。その内にお友達は怒りだしてしまいますが…

最後には仲良くみんなで遊びますよ。

ノンタンぶらんこのせて の解説・感想

実はあまり期待せずに読んだのですが、思いがけずとてもいい本でした。(失礼!)

『自分だけがよければいい』じゃダメで、お友達の事も考えてあげなくちゃねという事。そして順番というのが一つの解決策である事を覚えるのにいいです。

小さい子が喜ぶ繰り返しも入っています。

そしてなにより数え歌が楽しいんです。ブランコを交代で乗るのにこの数え歌で区切りをつけるんです。10数えて、それにプラスおまけがあるのがすごくかわいい!。この歌があれば順番を待ってるお友達も楽しいよね。まだ10まで数えられない子もこの数え歌であっという間に覚えちゃうでしょ。実はノンタンも10まで数えられなかったんです。子どもにしてみたら親しみが湧きますよね。

ノンタンはもとより、お友達も表情豊かに描かれていていいですね。楽しい顔、意地悪な顔、疑心暗鬼な顔、恥ずかしい顔、怒った顔。こういう絵も知らず知らずの内にこどもに人間の感情というものを教えているかも知れません。いい顔はどの絵本でも見られるでしょうが、ネガティブな感情を表す表情というのは少ないでしょう。そういう点で特徴のある絵本だと思います。

本作は『ノンタンあそぼうよ』シリーズの第一作に当たります。このシリーズは大抵ノンタンが最初あんまりいい子ではなく、そのせいでまずい状況になり、最終的に反省するというのが一つの典型的なパターンになっています。この『最初あんまりいい子でない』という部分に関しては、反面教師という意味と読者の子どもが等身大に感じられるという意味で、これはこれでいいと思いますけどね。

アニメーションにもなって広く親しまれています。