パパはウルトラセブン


文 宮西達也
絵 同上
発行 学研マーケティング
初版 1999/11/23
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 41
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
お父さん(ウルトラセブン)と娘(ちっちゃくてスカートをはいたウルトラセブン)の間の日々の小さな出来事を通じて、普段こどもにはわからないであろうお父さんの気持ちが描かれています。

 

 

感想
10のエピソードがマンガのようにまとめられていて、一つ一つが2コマから多くても5コマ位と短いお話です。

女の子ならではのお話が少々あります。例えば「お父さんと結婚する」と言われた話とか。なので、女の子に読んであげるのが一番適していると思います。

娘のことで泣いたり、喜んだり、しみじみしたり、悩んだり、頑張ったり…かわいい一面や男らしい一面、いろんなお父さんの姿が出てきます。娘の目にはお父さんはどんな風に映るのでしょうか。

ただ、お父さんは気恥ずかしくて読み聞かせしにくいかも知れません。お父さんが普段口にはしないが心にしまっている本音がいっぱい書いてあるからです。例えばですね。こどもを叱っている裏で、本当にこのやり方でいいのか悩んでいる事。そしてその根っこはこどもをまっすぐに導いてあげたいという気持ちからである事。この本はお父さんと娘の話なので、お母さんが読んであげる方が若干は気恥ずかしさが薄まるかな。

でも親の本音をこどもに知ってもらう事は、こどもにとっても得るものがあるのではないでしょうか。本来なら父と子の間でそういう会話をすればいいのでしょうが、そこまでなかなかできない人にはこの本が役立ってくれるかも。

コメントは受け付けていません。