3じのおちゃにきてください


文 こだまともこ
絵 なかのひろたか
発行 福音館書店
初版 1977/4/1
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

3じのおちゃにきてください のあらすじ・内容

まりちゃんが川岸の野原で花を摘んでいると、小川に笹舟が流れてきます。笹舟には手紙が結んであり、「3じのおちゃにきてください…ケーキを作って待ってます」とのお誘いと地図が書かれていました。差出人は『みどりのみどり』。まりちゃんは『みどりのみどり』さんを知りませんが、ケーキがあるなら…と手紙に誘われるまま地図のとおりに進んでいきます。

しばらく行くと地図に書いてあった橋に来ました。そこで友達のゆきとくんに会いました。ゆきとくんはお使いの帰りで卵を買ってきていました。まりちゃんから手紙の事を聞いたゆきとくんは一緒に行くことにします。

またしばらく行くと、アリが10匹砂糖をかついて行進しています。手紙の事を聞いたアリさん達は一緒に行くことにします。

やがて地図に書いてあったポプラの木のところに来ました。ここではリスがくるみを食べていました。リスもくるみをお土産に一緒に行くことにします。

次に地図に書いてあった井戸まで来ました。井戸ではアヒルが干していたシーツを取り込んでいました。アヒルも一緒に行くことにします。

その次は水車小屋に来ました。ロバが粉の袋を背中に乗せてやってきます。そしてロバも一緒に行くことにします。

牧場まで来ると今度は牛が牛乳の缶を運んでいました。牛も仲間入りします。

さらに地図通り進んでいくと、小さな家がありました。入り口には『みどりのみどり』と書いてあります。

3じのおちゃにきてください の解説・感想

3歳位のこどもが喜びそうなエピソードがつまっています。いい絵本です。何と言っても、不思議な手紙と地図から始まるお出かけはワクワクさせてくれることでしょう。子どもにとっては冒険と言ってもいいかも知れませんよね。そして相手の正体がわからないというのも先が楽しみになりますね。

動物などの多彩なキャラクター達がいっぱい出てくるのも楽しさを増してくれます。それらが一匹一匹と途中で仲間に加わっているのも面白い展開です。そしてカエルやアリさんまでもがみんな仲良くしているのもいいですね。ケーキ作りの場面なんかはそれぞれができることを協力してやっていて微笑ましいです。

お話が終わった後の最後のページにおまけ的に描かれているセリフなしの一枚の絵。お茶会が終わったあとでしょう、テーブルの上にケーキを食べた後のお皿やカップが乗っている他、ある一匹を除いて誰もいません。かわいくて、そして楽しかったお茶会の余韻のようなものが感じられていいですね。

上記のあらすじを読むと、途中で合流する人や動物たちが各々ケーキの材料を持っていることに気づかれるでしょう。それが元で皆さんがちょっとストーリーを誤解される可能性もあるので、ここでその後のお話をご紹介します。見たくない人は見ないでください。(ネタバレ注意)その後のお話です。小さな家から出てきたのはカエルでした。カエルはこんなに沢山の友達が来てくれたと大喜び。そして用意してあったケーキを運んできますが、ケーキが重いものでフラフラして転び、落としてしまい、みんなガッカリ。そこでまりちゃんが「みんなの持っているものでケーキを作ろう」と提案。みんなで協力してケーキを作り、お茶で乾杯をしたところで時計の鐘が3時を告げるのです。……大きなケーキがおっとっとっと…どしゃーんと倒れる迫力ある場面(ここは『ぞうくんのさんぽ』を彷彿とさせるのですが、どちらも絵は同じなかのひろたかさんによるものだったんですね)。動物たちも含めてみんなで仲良くケーキを作る場面。そしてみんなでかんぱーいの場面。これらの場面は子どもの好奇心を誘うことでしょう。

32ページの全部が、見開き2ページに渡る絵と少なめの適度な文章量で構成されていますので、ボリュームの面でも3歳位のこどもにちょうどいい位だと思います。

どのページにも春の緑や花々がキレイに描かれています。お外で3時のお茶をしたくなるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。