お月さまってどんなあじ?


文 マイケル・グレイニエツ
絵 同上
訳 いずみちほこ
発行 セーラー出版
初版 1995/9/9
対象年齢 2歳から
文字の量 やや少なめ
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
お月さまってどんなあじなんだろう?動物たちはいつもそう思っていました。

ある夜、亀が決心して、月を食べてみようと山を登ります。そして他の動物たちも次々と出てきてそれに協力します。

さあ、お月さまってどんなあじなんでしょうか?

 

感想
うちの子は小さい時お月さまに興味を持っていたので、この本を図書館で借りてきました。

それにしても、とてもかわいい発想ですよね。

お月さまに手が届くように、動物たちが1匹また一匹と助けにきて上へ上へと積み重なっていきます。もうそろそろ手が届きそうって思うと、お月さまがひょいって避けたりするのです。これがまたかわいい。

みんなでお月さまを食べた後、みんな一緒におやすみです。何のヒネリもないシンプルなこのラストが好きです。みんながみんな変な欲も悪意もない、ただただ仲良く平和。こどものような動物たちがかわいいです。

フェルトで手作りしたような独特の風合いを感じる絵も親しみやすいです。

お月さまと動物たちの間のつかの間の出来事を見つめる作者の優しさと愛情にあふれた視線が感じられる素敵な作品です。

コメントは受け付けていません。