【特集】プレゼント・贈り物にいい絵本


いくつかのシチュエーションでプレゼントとして贈ったら喜ばれるんじゃないか、と思われる本を選んでみました。

プロポーズあるいは奥様に、結婚祝いに

しろいうさぎとくろいうさぎ

正直私は読んでて気恥ずかしくなってくるような絵本ですが、幸せなお二人にはピッタリの内容でしょう。忙しい毎日の中でもいつまでも相手を想う気持ちを忘れないように。

 

出産祝いに

親子のコミュニケーションが楽しめるようなファーストブックを集めてみました。楽しみながらも知育にも役立ちます。

おつきさまこんばんは

私イチオシのファーストブックです。林明子さんの絵はホントに親しみが持てます。この絵本だけでも買えますけど、実はこの本は『くつくつあるけの本』というシリーズで他の絵本と合わせて4冊セットにもなっています。プレゼントにするならセットの方がいいでしょう。他の3冊は…『くつくつあるけ』くつが歩き回る絵本。あかちゃんも歩き回りたくなることでしょう。『おててがでたよ』あかちゃんが四苦八苦して洋服を着る一部始終。おててとか体の部位を覚えられます。『きゅっきゅっきゅっ』動物たちがこぼしたスープを赤ちゃんが拭いてあげます。

くっついた

子どもと一緒に遊ぶ感覚で楽しめる絵本です。こちらも『三浦太郎のあかちゃんえほん』のシリーズで3冊セットになっていますので、プレゼントならこちらの方がいいと思います。他の2冊は…『わたしの』自分のモノという所有がわかってきた時にちょうどいいかも。『なーらんだ』バラバラのものが並ぶというただそれだけの事がとっても楽しめる絵本。

いないいないばあ

もっとも歴史があり、長く愛されてきた赤ちゃんのための絵本です。小さい時から楽しめるという点では最も適した本かも知れません。ほんの短い文章も味のある絵も考え抜かれたものだという事が感じられます。『松谷みよ子あかちゃんの本』シリーズ全9巻の中の一冊です。プレゼントとしては数冊まとめてという方がいいと思いますが、9冊だと結構な値段になりますよね。実は3冊づつのAセット、Bセット、Cセットというのもあります。こちらの方が適当かも。因みにこのブログでご紹介してるいないいないばあいいおかおもうねんねは『Aセット』。これが一番ファーストブックとしていいと思います。おさじさんは『Bセット』に入ってます。おふろでちゃぷちゃぷもしもしおでんわあかちゃんのうたは『Cセット』。

【子育て本】子どもへのまなざし

これは絵本ではなく大人向けの育児本です。育児本としては定番と言ってもいい本です。小さい時からの育児について心構えなどが書かれており、とても参考になると思います。

 

小学校の入学祝いに

1ねん1くみの1にち

ある小1のクラスの一日を写真で追うという内容の本です。小学校ってどんな事するの?どんな所なの?という事が大まかにわかってもらえるでしょう。何とも賑やかで楽しそうな雰囲気に小学校へ行くことへの期待が膨らむでしょうし、不安を持っている子もそれが和らぐのではないかと思います。

教室はまちがうところだ

恥ずかしがらずにどんどん自分の意見を言おう、間違ってもいいんだよ、ということが書いてある詩の絵本です。とってもいい絵本ですが、入学前に読んでも子どもはピンと来ないかも知れませんね。入学してからの方が良さそうです。

 

お友達がお引っ越しする時に

とんことり

引っ越しって子どもには不安もあるでしょう。この本はその不安を少しでも和らげてくれるかも知れません。

 

誕生日・クリスマスプレゼントに

【遊び】宝探しごっこ

これはプレゼントする『モノ』ではありません。プレゼントを贈る『方法』です。こんな風にプレゼントしたら、喜びも数倍になるんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。