おつきさまこんばんは


文 林明子
絵 同上
発行 福音館書店
初版 1986/6/
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
発行部数 153万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
夜になっておつきさまが出てきました。

雲が現れておつきさまが隠れてしまいます。

でもすぐにまたおつきさまが出てきてニッコリ。

 

感想

ウチのこどもに初めて買ってあげた絵本です。数あるファーストブックの中でも私が一番おすすめしたいのがこれです。

シンプルなストーリーに優しい絵柄。おつきさまという題材もこどもが親しみやすいです。

言葉がまだよくわからなくても大丈夫。おつきさまの表情がこどもに伝わるのかな。感情たっぷりに読んであげて、こどもの反応を受け止めてまた返してあげる。そういうキャッチボールのような親子のコミュニケーションが楽しめる本だと思います。

裏表紙にあかんべーをしているおつきさまの顔があって、こどもはこれも喜びます。これ、何かの本で読んだのですが、表の表紙は目をつむってすましているおつきさまで、裏表紙はあかんべー。表と裏で『いないいないばあ』になるようにできているのだそうですね。正確に言うと『いないいないべー』かな。サービス精神旺盛な本ですね。

この本は林明子さんのあかちゃん用絵本セット「くつくつあるけの本」の中の一つです。もちろん単品でも購入できます。

その他の林明子さんの作品のご紹介は、すぐ下の『林明子』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。