おたすけこびとのまいごさがし


 なかがわちひろ
 コヨセ・ジュンジ
発行 徳間書店
初版 2011/6/30
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 38
発行部数 不明
オススメ度 B
概要
おばあさんがおたすけこびとに迷子探しを依頼します。

おたすけこびとは重機を駆使して、探し始めますが…

 

感想
おたすけこびとシリーズの第三作にあたります。

このシリーズの面白いところは、沢山の小人たちが重機を使って、細かいところまで行き届いたサービスをするところ。ヘリコプターからブルドーザーから、色んな重機が使われるので、そういうのが好きな子どもは喜びそう。ページの隅々まで小人たちの活躍が緻密に描かれています。だから読むたびに新しい発見があるかも知れません。

ストーリーは極めて単純。迷子(実は猫です)を見つけて、おばあさんのところへ連れて帰るだけ。その経過を一つ一つつぶさに追っています。

文章はかなり少ないです。1ページ辺りに、ほんの一言二言のセリフがあるかどうかという程度。基本的に絵を見て楽しむ本だと思います。

小人たちの細やかな心配りを伴った仕事ぶりと、ハッピーエンドに、爽やかで心温まるような読後の余韻が残ります。

コメントは受け付けていません。