おててがでたよ


文 林明子
絵 同上
発行 福音館書店
初版 1986/6/
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
発行部数 不明
オススメ度 B

 

概要
お風呂上りかな?あかちゃんが服を頭からかぶった状態で隠れています。

最初は袖からおててが現れます。次はてっぺんからあたまが…最後にあんよを出そうとしますがなかなか出て来ません。

 

感想
いないいないばあに近い感覚があるのでしょうか。おててやあたまやらが出てくるたびに、ウチのこどもはちょっと嬉しそうでした。

絵の中のあかちゃんの表情がいろいろ変わって楽しいです。こどももそれを見て、自分の表情も豊かになっていくのかな。

この本は林明子さんのあかちゃん用絵本セット「くつくつあるけの本」の中の一つです。

その他の林明子さんの作品のご紹介は、すぐ下の『林明子』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。