こんとあき


文 林明子
絵 同上
発行 福音館書店
初版 1989/6/
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校初級向き
文字の量 やや少なめ~少し多め
発行部数 110万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
こんは生まれてくるあきのためにおばあちゃんが作った、きつねのぬいぐるみです。あかちゃんの時からずっと一緒に遊んできました。

ある日、だんだん傷んできたこんを直してもらおうと二人だけで電車に乗っておばあちゃんの家へと向かいます。

道中色んなトラブルが起こり、その都度あきのために体を張ってサポートするこん。自らが傷んでボロボロになってきても「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とあきを心配させまいとします。でもついに弱ってきたこんはその声も小さくなってきます…

ロードムービーのような心温まるお話です。

 

感想
私の好きな林明子さんの作品です。

やはり絵がいいんです。ほんのちょっとした仕草からも気持ちが伝わってくるようです。林明子さんはホントに小さい子どもを書かせたら天下無敵ですね。顔の表情などはかなり抑制して表現されている感じなのに、不思議です。

ぬいぐるみのこんが、しゃべったり、動いたりするファンタジーの面あり、ドキドキの冒険あり、ほのぼのする場面やちょっとグッと来てしまう場面など、盛りだくさんな内容です。

特にこんの献身的な姿勢には「お前は男の中の男じゃ~!」とワタシも涙してしまいそう(笑)こんはあきが生まれてくるのをお部屋で待ってたんですよね。冒頭のこの場面が、後になって思い返されて、ますますジーンとします。

少し長めで40ページあります。

うちのこどもには3歳の時に見せたんですが、少し早かったかな。でも後半はものも言わず神妙に見入っていました。何を感じていたのでしょうか。

他の林明子さんの作品は、すぐ下の『林明子』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。