あのね、サンタの国ではね… サンタクロースの1年のくらし


文 嘉納純子
絵 黒井健
発行 偕成社
初版 1990/12/
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ~やや多め
発行部数 不明
オススメ度 B

 

概要
サンタさんってクリスマス以外は何をしているのかな?そんな疑問にこたえる、サンタの国の一年を紹介する本です。

サンタはクリスマス以外も忙しいんですね。でも全てはクリスマスのための仕事なんです。おもちゃの木を育てたり、トナカイの訓練をしたり、良い子を探しに行ったり…

 

感想
ウチの子が幼稚園に行くようになってサンタさんの存在を知り、最初のクリスマスの後に図書館でこの本を見つけて「読んで読んで」とせがまれたのがこの本との出会いです。

日本人が作者なので、1年の間の季節感が日本のそれと一致していて、子どもも馴染みやすいと思います。

とても夢のあるお話です。絵は黒井健さんで優しく癒されるようなタッチです。まだサンタを信じている小さい内は、想像力豊かに夢を広げて欲しいなと思います。

コメントは受け付けていません。