しろいうさぎとくろいうさぎ


文 ガース・ウィリアムス
絵 同上
訳 まつおかきょうこ
発行 福音館書店
初版 1965/6/
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校中級向き
文字の量 やや少なめ
発行部数 244万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
いつも一緒に楽しく遊んでいるしろいうさぎとくろいうさぎ。

ところがくろいうさぎが、時折悲しそうに考え込むようになります。「どうしたの?」しろいうさぎが訊いてみると…

愛や結婚について描かれた絵本です。

 

感想
甘~く、かわい~く、ちょっと気恥ずかしくなるような幸せいっぱいのお話です。そのテーマにぴったりな、全編にわたる優しく美しい絵が印象に残ります。

4歳の娘に読んであげた時は、もう一つピンとこなかったみたい。「くろいうさぎが何度も考えこむのが面白い」と言ってて、やはりわかってない様子。まだ早かったかな。もう少し大きくなったら、また読んであげようかな。

結婚祝いや、夫から妻への贈り物(「愛してる」の言葉の代わりに。笑)にもいいと思いますよ。

コメントは受け付けていません。