はじめてのおるすばん


文 しみずみちを
絵 山本まつ子
発行 岩崎書店
初版 1972/4/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
発行部数 106万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
3歳のみほちゃんは、ある日お母さんに初めてのお留守番を頼まれます。

でも一人になってみると、やっぱり心細い。郵便屋さんや新聞屋さんがやってきて、怖くて泣きそうになってしまうみほちゃんですが…

初めての留守番を任されたみほちゃんの心の動きを描いたお話です。

 

感想
文にも絵にも、母親の眼差しって言うんですかね、そういうものを感じます。

みほちゃんの仕草や行動を見ていると、不安な気持ちがよく伝わってきて、「あ~そうだよね~わかるわかる」って納得してしまいます。

ちょっとしたお話ですけど、一緒にドキドキしたり、ホッとしたり、ハマる子はかなりハマるんじゃないかな、と思います。一人でお留守番なんて、小さい子どもにとっては大冒険ですもんね。

気に入っていただけたらこちらの本もどうぞ→ はじめてのおつかい

コメントは受け付けていません。