【おもちゃ・ゲーム】禁断の島


対象年齢 8歳から
プレイ人数 2~4人
1ゲームに要する時間 30分~1時間

このゲームの特徴は、プレイヤー間の勝ち負けがないことです。みんなで協力してミッションをクリアすることが目的となります。もちろんクリアできないこともあります。難易度を調節することもでき、初心者はもっとも低い難易度の設定でやることをオススメします。

ゲームのフィールドはある小さな島です。そこには4つのお宝が眠っています。そのお宝をすべて手に入れて、全員でヘリコプターで脱出すればミッションクリアとなります。しかしこの島は徐々に水没していきます。お宝を入手する前にその在り処が水没したり、ヘリポートが水没してしまえばゲーム終了ですし、そこへ行くためのルートが全て水没してもやはりゲーム終了です。水没のペースはゲームが進むに連れて速くなっていきますのでボヤボヤしていると事態はどんどん悪化していきます。でもプレイヤーは水没しかけているところを復旧することもできます。お宝を入手すること、水没しかけているところを復旧すること、このアクションのバランスをうまくとるよう知恵を絞りながら協力してゲームを進めます。

協力ゲームということで、プレイヤー間の勝敗があるゲームで負けを嫌がるこどももやる気になりやすいでしょう。協力するためにはプレイヤー間のコミュニケーションが大切です。相談したり答えたり、自分の意見を言ったり相手の意見を聞いたり、そういうコミュニケーションができることはこどもにとってとても有意義だと感じました。また教科書のような正解がない中で自分なりの考えを導き出していくという経験もまた意味があると思います。

8歳からとしましたが、ゲームには10歳からと書いてあります。実際8歳のこどもとやってみましたが特に問題はありませんでした。シンプルなルールのゲームと違い、少々複雑な構成ではありますが、一度説明しながらやってみれば8歳未満のこどもでもプレイ可能だと思います。

標準的なプレイ時間は30分となっています。私達は最初のプレイに1時間ほどかかりました(汗)。慣れればもっと短くなると思いますけどこどもと相談しながらやると結構時間かかりますよ。あんまりせっついたら面白くなくなりますしね。時間の余裕がある程度ある時にプレイした方が良さそうです。

私はこれをamazonで買いました。日本語の説明書はついておらず全てが英語でした。全てがドイツ語の製品もあるようです。こちらで日本語に訳した説明書が入手できることを予め知っていたので慌てることはありませんでした。ゲームに使うカード類も全て英語です。でも問題ないです。強いて言うならゲームのキャラクターである「DIVER(潜水夫)」「MESSENGER(メッセンジャー)」「PILOT(パイロット)」「NAVIGATOR(案内人)」「EXPLORER(探検家)」「ENGINEER(技術者)」の6つの単語がゲームの最初に読めさえすればあとはほとんど英語力を必要としません。心配いりませんよ。

このゲームは『パンデミック』という別の協力ゲームの簡易版のような位置づけです。もっと難易度の高い歯応えのあるゲームを欲する人はそちらにチャレンジしてみたらいいと思います。

コメントは受け付けていません。