はけたよはけたよ


文 かんざわとしこ
絵 にしまきかやこ
発行 偕成社
初版 1970/12/
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
発行部数 115万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要(注意:結末まで記載)
一人でパンツをはくことができないたつくんは、ある日パンツをはかないままで外に遊びに出てしまいます。すると、動物たちが出てきて「しっぽがないおしり」と笑われます。

でもひょんな事から自分でパンツをはけるようになったたつくん。

最後は動物たちにも羨ましがられてハッピーエンドです。

 

感想
一人でパンツをはくためのちょっとしたコツが書いてあるし、ちょうどそういう時期の子どもにはいい刺激になると思いますよ。

子どもにとっては身近な題材ですし、動物が出てきたりして親しみやすいのもいいです。

にしまきかやこさんの絵も、カラフルでかわいいですよ。

うちの子は、パンツをはかずにお出かけしたたつくんを見て「恥ずかしい~」と大ウケでした。

コメントは受け付けていません。