そらいろのたね


文 なかがわりえこ
絵 おおむらゆりこ
発行 福音館書店
初版 1967/1/20
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 28
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
ゆうじが公園で模型飛行機で遊んでいるとキツネがやってきました。キツネは模型飛行機が欲しくなり、自分の宝物である『そらいろのたね』との交換を申し出、ゆうじは了承します。

ゆうじは家に帰って庭に種をまき、たくさん水をあげます。次の朝、芽が出たかと見に行ってみると、芽ではなく何と空色の小さな家が生えてきていました。ゆうじは嬉しくなってさらに水を与えます。

 

感想(若干ネタバレ注意)
私が最初読んだ時はなんてことはない話に感じてあまり興味を持てませんでした。おっさんのかたーい頭では面白さがすぐに理解できなかったのかも。何度か読んでみて徐々に面白みを感じるようになってきました。こどもにとっては夢のある楽しい絵本です。

まずは普通に芽が出るのではなくて家が生えてくるところが楽しい。ここでこどもは掴まれますね。次はどうなるんだろうと期待してしまいます。ゆうじはびっくり仰天するわけじゃなくて、「うちがさいた!」と喜びます。大人だったら喜ぶ前に???と固まってしまいそうですが、こどもは素直に楽しい出来事と受け取って喜ぶんですね。私はこの家が生えるというアイデアがありきたりの奇抜さのように感じて最初のめり込めなかったのですが、素直に楽しめばいいんですよね。この辺が多分前述の頭の硬さなのかなと思いました。

家は少しづつ大きくなっていきます。最初はひよこが入れるくらい、次は小動物が入れるくらい、そしてこどもが入れるくらいへと。こどもが入れるようになる頃には、読者のこどもは羨ましくて仕方ないでしょうね。そしてさらに家は大きく、夢も大きくなっていきます。

家が大きくなるにつれ、こどもや動物たちが集まってきます。中には『ぐりとぐら』に出てきた動物たちや、『いやいやえん』の登場人物などが混じっています。ぐりとぐら本人も出ています。オールスター感謝祭のようです(笑)

ラストはあっさりで、盛り上がったところでハシゴを外されたように感じる方もいるかも知れません。でも私はこういうの結構好きなのです。お祭りが終わった後のような感覚が残るのが。『てぶくろ』もそんな終わり方でしたね。この感じ、ニール・ヤングのアフター・ザ・ゴールド・ラッシュを思い起こします。

最初と最後のきつねのワガママな言動とその結果を通して多少の教訓が含まれています。欲深じいさんにバチがあたる昔話のようです。こどもはお話を純粋に楽しみながら自然に吸収していくのでしょう。

コメントは受け付けていません。