いたずらきかんしゃちゅうちゅう


文 バージニア・リー・バートン
絵 同上
訳 むらおかはなこ
発行 福音館書店
初版 1961/8/
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校中級向き
文字の量 やや多め
発行部数 136万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
小さな機関車ちゅうちゅうは、毎日人や荷物を運んで、駅から駅へと走っています。

ところがある日、ちゅうちゅうは考えます。客車や貨車がなければもっと速く走れるだろうし、みんながかわいいと言ってくれるだろう。

とうとうちゅうちゅうは、隙を見て自分一人逃げ出してしまい、ドタバタの大騒動を巻き起こします。

 

感想
作者が自分の息子さんのために書いたお話のようで、乗り物好き、冒険好きの男の子は喜ぶかも。躍動感、スピード感あふれる絵です。お話の展開も、次々と色んな場面が現れて、アクション映画のようです。

表紙は2色になっていますが、中身はすべてモノクロです。

文章のレイアウトが、お話の内容や絵に合わせて、形を変えるところが面白いです。遊び心を感じます。

ただ45ページとボリュームがありますし、文字もやや多めなので、子どもによってはちょっと長いと感じるかも知れません。

チュウチュウトレインという歌がありますよね。何か関連があるのかと思ったら、ちゅうちゅうというのは機関車が走る音から来ているようです。

同じバージニア・リー・バートンさんの作品『ちいさいおうち』もこのブログでご紹介しています。こちらは本作とはまったく毛色の違う作品ですが、名作ですよ。

コメントは受け付けていません。