どうぶつのおかあさん


文 小森厚
絵 薮内正幸
発行 福音館書店
初版 1981/10/20
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明(2007年3月で第62刷)
オススメ度 A

概要
色々な動物のお母さんがこどもを連れて移動するさまを描いた絵本です。

11種類の動物の親子が登場します。(表裏表紙も含めると13種類いますよ)

 

感想
小さい子向けでストーリーはありません。見開き2ページに1種の動物の親子の様子が描かれ、それが続くシンプルな構成です。ある意味小さな動物図鑑とも言えるかも知れません。地味ではありますが長く愛されてきたロングセラーです。

こどもと移動する際のやり方がそれぞれの動物によって違うんですね。ライオンのお母さんなんてこどもの頭をくわえて運んでるんです。なんかすごい。ハリネズミのこども達はお母さんの後について一列になって行進します。かわいいなぁ。なかなか興味深いです。抱っこしたり、おんぶしたりと、人間の親子のようなのもあります。それぞれにお母さんとこどもの繋がりや温もりが感じられます。こどもも興味を持ちつつ安心して見られるでしょう。大人もこれは癒やされますよ。

非常にリアルな絵です。デフォルメされたまがい物とは違う生命感があります。でも写真でない手描きの絵による温かみのようなものも感じられます。それがお母さんとこどもという対象にとても合っています。

調べてみたら薮内正幸さんは動物画家なんですね。因みにあの『冒険者たち』(ガンバのお話ですよ。懐かしい)の挿絵も書かれていました。動物好きがこうじて動物画家になったのでしょうか。この本の絵には、動物を見続けた人の細部に渡る知識と、この動物はこんななんだよってこどもに伝えてあげたいという気持ちが込められているような感じがします。清里の近くに薮内正幸美術館というところがあります。この絵本が気に入ったら遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

本には『2歳~4歳むき』と書いてありましたのでこちらでも2歳からにしましたが、1歳でもこどもによっては興味を持ってくれそうです。

コメントは受け付けていません。