でんしゃはうたう


文 三宮麻由子
絵 みねおみつ
発行 福音館書店
初版 2004/3/1
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

でんしゃはうたう のあらすじ・内容

お母さんと男の子が電車に乗り込み目的の駅に到着するまでの景色と聞こえてくる音を描いた作品です。

でんしゃはうたう の解説・感想

普通の文章はまったくありません。すべてが電車に乗っていると聞こえる擬音語(あと最初と最後だけ車掌さんのセリフがあります)で構成されている珍しい絵本です。しかも電車から見える景色が細かく描かれていて、この擬音語と景色のシナジーによって電車に乗っている気分になれます。この絵本を読んでると、作者のお二人は楽しんで協力して作られたのだろうということがうかがわれます。電車好きな小さな読者はとっても楽しめる絵本じゃないかなと思いますよ。

作者の三宮麻由子さんは幼い頃に視覚を失ったのだそうで、そのせいか電車の歌う声を細かく捉えられています。鉄橋を渡ったり、他の電車とすれ違ったり、徐々にスピードを落としたり、それぞれ違う歌が聞こえてきます。文字にも工夫があって、大きい音は大きいフォント、小さい音は小さいフォント。踏切の音は近づくにつれ大きくなるので、フォントは少しづつ大きくなります。いや~こだわってます。この辺はフォントに忠実に読み聞かせたらこどもが喜んでくれそう。

私も以前電車通勤をしていたので大体は「あっあの音だな」というのはわかりました。よくわからない音は一部でした。でも電車にあまり乗り慣れていない人は読むのに苦労するかも知れませんね。そもそもこれだけ擬音語だけが続く文章というのはそうそうないので、噛まずに読めるかどうか(笑)。読み聞かせのために事前練習が必要かも。

終始電車から見える景色が描写されていますが、この景色、運転席そばから見える電車の真正面の景色なんですね。こどもの特等席です。町の人々や立ち並ぶお店や河原の様子など、細かく描かれていて絵を見るだけでも楽しめます。これを読むと先頭車両に乗りたくなること間違いないと思われます(笑)

本には対象年齢が3~5歳と書いてあったのですが、電車好きの子なら2歳でも十分OKだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。