いないいないばああそび


文 きむらゆういち
絵 同上
発行 偕成社
初版 1988/12/
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
発行部数 239万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
かわいい動物たち(怪獣や女の子、お母さんも)が、この絵本を読んでいる人に向かっていないいないばあをする仕掛け絵本です。

最初は手で顔を隠していますが、手の部分だけパタッとめくれて、顔が出てくるようになっています。

 

感想
いないいないばあは小さい子どもにとって鉄板の遊びですよね。

仕掛け自体は非常に単純ですが、ページ全体でなく手の部分だけをめくって顔が出るようにしてあるところ、それにページを横にめくるのではなく手の部分を下にめくるようになっているところ、工夫がされています。

このシリーズは、絵がページいっぱいに大きく書かれていて、キャラクターも輪郭がはっきりと書いてあり、小さい子も見やすいと思います。

この仕掛け絵本は、きむらゆういちさんのあかちゃんのあそびえほんシリーズの一つです。この他にもこのブログでご紹介しています。下の『きむらゆういち』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。