とんとんとめてくださいな


文 こいでたん
絵 こいでやすこ
発行 福音館書店
初版 1992/9/25
対象年齢 2歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

とんとんとめてくださいな のあらすじ・内容

3匹のねずみがハイキングに出かけた帰りに道に迷ってしまいました。暗くなって霧も出てきて困ったところで一軒の家を見つけます。

そこで泊めてもらおうと「とんとんとめてくださいな」と訪ねますが家には誰もいない様子。でも疲れていた3匹はそこで休ませてもらうことにします。

ところがそこへまた誰かが「とんとんとめてくださいな」とやってきました。道に迷った2匹のうさぎでした。うさぎも一緒にベッドに入って休ませてもらうことにします。

さらにそこへまた誰かが「とんとんとめてくださいな」とやってきました。今度は道に迷った3匹のたぬきです。みんな一緒に一つのベッドに潜り込みます。

しばらくすると、今度はどしんどしんという足音がしたかと思うと、急に入り口のドアが開けられ、黒い大きなものが入ってきました。そいつはみんなの匂いを嗅いでいます。みんな震えて泣き出します。そしてそいつは布団をめくりました。

とんとんとめてくださいな の解説・感想

こいでやすこさんの絵本は面白くてほのぼのしてて親しみやすい

こいでやすこさんの作品は品質が安定していて安心してこどもに読み聞かせができます。今回もまた良作でした。(なんか偉そうですみません。汗)

しっかり起承転結のあるストーリーです。ねずみ達が道に迷う『起』。その後他の動物たちがやはり道に迷って家にやってくる『承』。やがて大きく黒い影が忍び寄る『転』。あったかい食事でお腹いっぱいになってみんなでぐっすり眠る『結』。このお話の展開の面白さとほのぼのした雰囲気、そしてかわいくて親しみの持てる動物がいっぱい出てくるのはこいでやすこさんの作品の共通の魅力です。『転』の部分に小さい子はちょっとハラハラドキドキするかも知れませんが、本当に怖いような内容になるわけではありません。子どもが安心して楽しめるお話です。

子どもらしい表情がかわいい

書き込まれた絵は温かみがあります。大人が読んでも動物たちの表情がこどもらしくとてもかわいくて癒されると思います。(これはホントにそう!)あと、絵を隅々まで見ていくと小さな発見があったりします。

赤いスカーフを巻いたねずみのキャラクターが面白いです。一度読んだ後でこのねずみの様子を追ってまた見返してみてください。憎めないヤツですよ。

寸劇にしたらどうかな

このお話は保育園・幼稚園の寸劇にしたらどうでしょうね。園児たちが「とんとんとめてくださいな」と大きな声を揃えて言うのが目に浮かぶような気がしませんか?

本作は1986年にオランダの児童文学賞「銀の石筆賞」を授賞しているそうです。

本作が気に入っていただけたら、是非同じ3匹のねずみが活躍する『ゆきのひのゆうびんやさん』もご覧になってみてください。こちらもいい作品ですよ。

「とんとんとめてくださいな」への2件のフィードバック

  1. 可愛らしいキャラクター、「とんとんとめてくださいな」と繰り返しの言葉。2歳児クラスの劇遊びでする事にしました。子ども達も気に入っています。

    1. 言われてみれば!確かにこのお話は劇にもよさそうですね~。子ども達が演技する姿が目に浮かぶようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。