アンナの赤いオーバー


文 ハリエット・ジィーフェルト
絵 アニタ・ローベル
訳 松川真弓
発行 評論社
初版 1990/12/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
戦争が終わったらアンナは新しいオーバーを買ってもらうことになっていました。

そして1年後、戦争は終わりましたが、お店には食べ物さえ売っていません。家にはお金もありません。でもお母さんは知恵を絞って、アンナに新しいオーバーを着せてあげようとします。

そして、次の冬には…

アンナの新しいオーバーができるまでの過程を描いた心温まるお話です。

 

感想
これは実話を基にしているようですね。巻頭に、その実在の人物への献辞が載っています。そこにはこう書かれています。

…今は亡き彼女の母親-最初は自分の決意とねばり強さ以外には
何もなかったにもかかわらず結局はすばらしい贈り物を形にした-…

お父さんの姿は一度も出て来ませんので、戦争で亡くなったのかも知れません。作品の中の細かいところでそういう戦争の跡が見えますが、悲劇や苦難をことさら強調するような表現はなく、ただオーバーができるまでの出来事を一つ一つたどっていきます。

私自身、戦争や戦後の事など詳しくはわかりません。この絵本を読むこどもは尚更でしょう。でもこのお母さんの愛情は伝わるのではないかと思います。

オーバーができるまで、お母さんとこどもはずっと一緒で、作業の一部は自分たちでやったりもします。その過程は丁寧に描かれています。なんと羊の毛を刈るところからです。そういう普段見えない部分を見る疑似体験はこどもにとっていい事だと思います。

もちろん、大人も読んでいただきたいと思います。

もしこの本を手にしたら、冒頭に紹介した献辞の全文を読んでみてください。このこどもがオーバーをどんなに大切に感じているかが察せられます。

コメントは受け付けていません。