【お金の話】投資:リスクのお話


(ここで言う『リスク』とは一般的に使われる『損をする可能性』位の意味にお考えください。投資の専門用語である『リスク』とは違う意味で使っています。)

特別に資産運用を考えていないご家庭では、大抵預貯金と公的年金の2つが大きな金融資産だと思います。

預貯金のデメリットの一つが、現在預貯金ではほとんど資産が増えないという事です。この記事を書いている現時点で銀行の預金金利は非常に低いです。大手の都市銀行では定期預金でも0.01%、ネット銀行だと若干増えますがそれでも大したことありません。これじゃ増えないですよね。

それでも投資をすれば損をする可能性があるけど、預貯金なら一行1千万円のペイオフ限度額以内に抑えておけば損はしないでしょう、預貯金は安全ですよという見方もあります。確かにそうです。でもね、実は預貯金も損をするケースもあるのです。円安になって輸入品の価格が上がれば全体の物価も上がるかも知れません。物価が上がれば同じお金でも買えるモノの量は少なくなります。これって相対的にはお金が減ったのと同じ事です。物価が上がった分金利も上がってくれればいいのですが、景気が良くて物価が上がるのなら金利も上がってくれましょうが、ただ単に円安が原因で物価が上がっただけで景気が良くなければ金利は上がらないかも知れません。

あと、現在の年金制度が完全にそのままの形で維持されることはないでしょう。年金そのものの減額や支給開始年齢を遅らせるなどの措置がとられるはずです。年金も当てにしすぎてはいけないようになりました。老後の生活資金も心配ですね。

一昔前なら、円の価値は上がる一方、預貯金金利は高いし、年金制度もうまく機能していて、投資なんて特別に考えなくても一生懸命働いて預貯金に蓄えてちゃんと年金保険料を払っていくだけで何とかなったのです。でも今はそういう時代ではなくなってしまいました。

では将来に備えて少しでもプラスアルファで資産を増やしていくにはどうしたらいいでしょう。資産を増やす手段というのは色々あります。何か仕事で一発当てるのも一つでしょう。副業でコツコツ稼ぐ手もあります。レバレッジの高いFXなど投機性の高い投資もあります。でも普通の人はまずはまっとうにメインの仕事を頑張ってお金を稼ぐことを一番に考えるべきです。それが一番基本の収入源ですし、リスクが比較的少ないからです。そしてさらに仕事に支障が出るような手間を掛けずにそこそこの成果を狙って無理のない範囲の投資も検討するというのはアリだと思います。

でも投資にだってリスクはあります。絶対に損をしない方法はありませんし、絶対に儲かる方法もありません。実際どの程度のリスクがあるのでしょうか。これはピンキリです。自分の一生を賭けて一発勝負に出ようと思えばそういう方法もありますよ。でもそれは現実的ではありませんね。損をする可能性もあるけど、そこそこの確率で資産をゆっくりそこそこ増やしていく見込みのある方法、そういうのがあるのです。

損は絶対にしたくないというお考えの方、あなたは宝くじを買いますか?宝くじは仕組み上損をする確率が極めて高い投資とも言えます。ちゃんとした方法で投資をするなら、宝くじのように一攫千金は狙えないけれど、宝くじよりも損をする確率が大幅に下がるのです。

ここでいう投資法とは『インデックス・ファンド(投資信託の一種)』を使ったものです。投資先進国の米国でも拡がってきています。下の本はこの投資法を解説する本です。一番上の本など第11版であり、長く読み継がれていることがわかります。

しかし正直な所、上記の本は投資初心者が読んでもなかなか理解しづらいです。もっとわかりやすく噛み砕いた本もあります。それらの本については『踏み出し方』をご覧ください。

投資において、損をしたり儲かったりする可能性がどの程度あるのか、そして損や儲けがどの位の幅になりそうなのかについて、もう少し知りたい方はこちらの本がオススメです。(上記の本ほどではありませんが若干の基礎知識は必要になります。)

※この記事は誠意をもって書いていますが、投資に絶対はありません。投資判断は自己責任でお願いします。

投資に関する他の記事はこちらをご覧ください。 →お金の話

コメントは受け付けていません。