【お金の話】投資:私の経験


私は投資をしています。でも現時点ではそんなに大きい額ではありません。自分なりに勉強しながら、納得できる範囲で理解できる方法で徐々に積み上げているところです。

他愛もない経験ですが、少しは役に立つこともあろうかと思い、少しご紹介したいと思います。

私が投資を始めたキッカケは、本屋さんで株の本を見かけたことです。だいぶ前の話です。もう作者も忘れましたが、普通の主婦が簡単な株取引で儲けた手法を公開するという内容でした。そんな簡単に儲かるものならやってみようという浅はかな考えでした。その本を購入した私は早速ネット証券に口座を開き、見よう見まねで国内の株取引をやってみました。結果としてはまあ利益を得て喜ぶこともあれば損をしたりで、トータルは多分トントンか少し損をした位じゃないかと思います。

なかなか思うように利益が出ない状態でしたが、その間も色々と投資の勉強だけは続けていました。ネットで調べたり、雑誌や本を買ってみたり。で、その内に投資信託というものに出会いました。プロにお金を預けて自分の代わりに運用をしていただくというものです。当然運用にかかる経費などが余計にとられますが、それでも自分でやるよりはマシだろうと思って投資信託を買ってみました。

でもね…全然儲からないんですよ。投資信託にも種類が色々あって、こりゃ選択を間違えたかなと思ったりもして、色んな種類を少しづつ買ったりしてみました。で、その内に例のリーマンショックです。どの投資信託も全部大きく値下がりしてしまって、こりゃダメだと思って全部解約しました。

それでもその後も勉強は続けていました。そこで出会ったのが内藤忍さんの資産設計塾というシリーズの本でした。自分の今までの投資が場当たり的でしかも山師的なものだったことに気づき、もっと地に足の着いた投資法が解説されたこの本に触発されて、また少しづつ投資信託を買うようになりました。今もその延長線上で投資信託などに投資を続けています。

今現在それなりの利益は出ています。でもそれは多分に投資を再開した時期がたまたま悪くなかったのもあり、今後暴落を経験する可能性は十分にあります。それでも明けない夜はありません。一時的な暴落はある意味資産を増やすチャンスでもあることを今は知っています。(例えば暴落した時に買った株は値が戻した時に大きな利益となるからです。)なので投資は今後も続けていくつもりです。最初に株を買い始めた頃と比べるとだいぶ自分自身の資産運用に対する考え方も変わってきました。まだまだですが初めの頃よりは少しは進歩したかと思います。それは勉強を継続していたことと、大怪我をしない程度に実際に投資をしてみたことによると思います。もし投資を検討したいと考えておられる方がいたら、まずは勉強と少額投資をしてみることをオススメします。

勉強に関しては、内藤忍さんの著作に関しては申し訳ないですが今はオススメできません。今なら竹川美奈子さんか水瀬ケンイチさん、山崎元さんの著作をオススメします。

※この記事は誠意をもって書いていますが、投資に絶対はありません。投資判断は自己責任でお願いします。

投資に関する他の記事はこちらをご覧ください。 →お金の話

コメントは受け付けていません。