ぐるんぱのようちえん


文 西内みなみ
絵 堀内誠一
発行 福音館書店
初版 1965/5/1
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校初級むき
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 28
発行部数 220万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
ひとりぼっちのゾウぐるんぱは、みんなのすすめで仕事をすることになります。

でも、張り切って仕事をするのですが、どうしても失敗してしまいます。いくつかの仕事をくびになり、しょんぼり。

そんな時、ひょんなことからぐるんぱは幼稚園をひらきますが…

 

感想
もうね、最後のページを見れば、そりゃ子どもが喜びますよ。ゾウさんが幼稚園やってるんですよ。しかも楽しい遊びもいっぱい。ウチの4歳の子も気に入ってくれました。

今までの失敗は全て無駄じゃなかった、このためだったんだというラスト。大人が見るとそういう部分に目が行っちゃうんですけど、でもやっぱりこの本の魅力は夢があるところじゃないかなぁ。ぐるんぱの失敗の部分でさえ、とても夢のある失敗と思います。

繰り返される単純なセリフも、子どもには印象的でしょう。

絵もかわいくて、色使いもきれいで、楽しい雰囲気いっぱいです。

コメントは受け付けていません。