ぐるんぱのようちえん


文 西内みなみ
絵 堀内誠一
発行 福音館書店
初版 1965/5/1
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校初級むき
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 28
発行部数 220万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

ぐるんぱのようちえん のあらすじ・内容

ゾウのぐるんぱはずっとひとりぼっちで暮らしてきました。だらしなく汚れていて、また毎日寂しい思いをして涙を流しています。見かねた他のゾウ達のすすめで仕事をすることになります。ゾウ達はキレイにぐるんぱを洗ってくれました。

最初に勤めたのはビスケット屋さん。張り切って仕事をするのですが、やりすぎちゃって失敗してしまいます。次はお皿作りの工房。これもやりすぎちゃってクビに。こうして5種類の仕事をがんばりますがすべてクビになってしまいました。

仕事での失敗作である大きなビスケットや大きなお皿などを抱えてしょんぼりしているぐるんぱは12人も子どもを持つお母さんに出会います。そのお母さんは「ちょっと子どもと遊んでやって欲しい」とぐるんぱに頼みますが…

ぐるんぱのようちえん の解説・感想

もうね、最後のページを見れば、そりゃ子どもが喜びますよ。ゾウさんが幼稚園やってるんですよ。しかもダイナミックな楽しい遊びもいっぱい。幼稚園と言うよりも遊園地のようです。ウチの4歳の子も気に入ってくれました。

今までの失敗は全て無駄じゃなかった、このためだったんだというラスト。大きなビスケットや大きなお皿などがここで役に立つんですね。大人が見るとやっぱりそういう部分に目が行っちゃうんですけど、でもやっぱり子どもにとってのこの本の魅力は夢があるところじゃないかなぁ。こんな幼稚園があったらいいよねぇ。

当初のぐるんぱの仕事での失敗でさえ、とても夢のある失敗だと思います。失敗と言っても作るものすべてがゾウさんサイズになっちゃったってだけですからね。ビスケットとお皿の他に、靴とピアノとスポーツカーもでっかく作っちゃいますよ~。

繰り返される単純なセリフも、子どもには印象的でしょう。ぐるんぱが失敗するたびにそこの親方に「もうけっこう」と言われてクビになります。こんな言葉遣いは子どもの普段の生活の中には出てこないでしょうね。あと、ぐるんぱが失敗を重ねるたびにしょんぼりするそのしょんぼりの数が一つ一つ増えていくのも芸が細かくて面白いです。

堀内誠一さんらしい絵はかわいくて、色使いもカラフルで、楽しい雰囲気いっぱいなのです。