サンタクロースっているんでしょうか?


文 フランシス・P・チャーチ
絵 東逸子
訳 中村妙子
発行 偕成社
初版 1977/12/
対象年齢 8歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 31
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
アメリカの8歳の女の子からある新聞社に手紙が届きます。

友達に「サンタクロースなんていない」と言う子がいて、パパに真偽を尋ねたら新聞社に問い合わせてご覧、と言われたというのです。

この新聞社は手紙への回答を社説に載せました。1897年に実際に掲載された社説を本にしたものです。著者の名前はこの社説を書いた記者の名です。

 

感想(ネタバレ注意)
挿絵が時々出てきますが内容とは直接の関連性がありません。内容は社説の記事そのままだけですから物語ではありません。絵本とはいい難いので誤解しないでください。

単純にYesかNoで言うとサンタクロースはいると答えています。ですがこの回答の主旨はむしろサンタクロースがいると信じることの意味にあります。真剣に考えた回答だと思いましたし、私はこの回答に全面的に賛成です。自分のこどもにサンタクロースなんていないよって言うのが果たして正解なのか?って悩んでいる方も多いかと思います。私自身も「サンタクロースはいない」という考えのあまりの味気なさと偏狭さが嫌でした。理屈だけで世界が回ってるんじゃないんだよ!と思いつつも明確に言葉にできなかったモヤモヤをこの記者が代弁してくれたようにも感じます。

8歳のこどもがこの本の言わんとしているところをどこまで理解できるかというと、多分個人差がかなりあるでしょう。全部を理解するのは難しいかも知れません。でも『サンタクロースっているの?問題』が発生するのが大体8歳位だろうと思いましたし、そもそも手紙を書いた女の子が8歳だったので、対象年齢を8歳からにしました。お父さんお母さんがこの本を読んで、内容を噛み砕いて伝えてあげる方法もありじゃないでしょうか。

この新聞記事は相当に昔のものですが、あとがきによると今でもクリスマスが近くなるとアメリカの新聞や雑誌に掲載されるのだそうですよ。

コメントは受け付けていません。