くまのコールテンくん


文 ドン・フリーマン
絵 同上
訳 まつおかきょうこ
発行 偕成社
初版 1975/5/
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 30
発行部数 不明
オススメ度 A

くまのコールテンくん のあらすじ・内容

くまのコールテンくんはデパートのおもちゃ売り場にいるぬいぐるみです。

ある日女の子がコールテンくんを気に入ってくれたようですが、コールテンくんは服のボタンがとれていたため古そうだということでお母さんに反対されて買ってもらえませんでした。

その夜、コールテンくんは夜中にデパートの中でボタンを探して回ります。しかし物音に気づいた警備員に見つかってしまい、おもちゃ売り場に戻されます。

そして次の朝、コールテンくんが目を覚ましたばかりのところに思いがけないお客さんがやってきます。

くまのコールテンくん の解説・感想(注意:結末までご紹介している部分があります)

大人が読んでもあんまり面白くないかも知れません。が、しかし…ひねった所のないとにかく素直でシンプルなストーリー。未知の世界での新たな発見と体験。自分を愛してくれて大切にしてくれる人との出会い。そしてなによりコールテンくんの独白により子どもの心の中を描いており、小さい子の心にはスッと入ってくる小さな物語だと思います。

コールテンくんの孤独な世界

冒頭、こんな文章があります。

おもちゃうりばでは、どうぶつも、にんぎょうも、みな、はやく だれかが きて、じぶんを うちに つれていってくれないかなあと、おもって いました。

みんな孤独なんですね。コールテンくんも例外ではありません。ラストまでは一切会話はなく独り言ばかりです。それが何とも寂しそう。

コールテンくんには口癖があります。「すっと前からxxxxしたいなあって思ってたんだ」というセリフ。これ、繰り返ししょっちゅう出てきます。こどもも言いそうなセリフです。可愛いですね。でもその一方で寂しさも感じます。今まで自分の希望が叶えられることなどなかったのかも知れません。

そして初めての友達

(ネタバレ注意。結末をご紹介しています。)次の日に来たお客さんとは、前日にも来てコールテンくんを気に入ってくれた女の子でした。彼女はコールテンくんを買うために再訪してくれたのです。そしてコールテンくんは彼女の部屋に迎え入れられます。ボタンもつけてもらいます。そしてここまで独り言ばかりだったコールテンくんが最後の最後に初めて(もしかしたコールテンくんの人生史上初めて)女の子とほんの小さな会話ができるのです。そう考えるとこのラストはなかなかの名シーンです。この女の子がまたとても優しいのです。ベタベタした優しさではなくて、相手を理解し尊重しようとするクレバーな優しさ。一人でデパートを再訪したことからも自分の意思で来たことがわかります。自立心のある子どもです。この絵本を読んだ子がこんな優しさに触れていい影響を受けてくれればと思います。

冒険の要素も

夜のシーンから世界はコールテンくんにとって初めて見るもの体験するものばかり。これはちょっとした冒険です。ぬいぐるみのお話ですが可愛いとか優しいとかっていうだけじゃないので男の子にも興味を持ってもらえるかと思います。

定番と言ってもいいロングセラー

本作はそれほど名の通った絵本ではありませんが、2000年時点で88刷と版を重ねており、初版が古いのにまだまだ現役で新品が入手可能です。長い間愛されてきてもう定番本として地位を確立していると言ってもいい作品だと思います。

この作者ドン・フリーマンさんの他の作品もご紹介しています。→ 『ターちゃんとペリカン』 本作とはまた違った詩情あふれる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。