たのしいふゆごもり


文 片山令子
絵 片山健
発行 福音館書店
初版 1991/10/25
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 36
発行部数 不明
オススメ度 A

概要
森の大きな木の根元に子熊とお母さんの家があります。

秋も深まったある日、お母さんは子熊を連れてお出かけします。冬ごもりの準備をしなければならないのです。一緒に森で木の実を拾ったり、ハチミツを採ったり。途中色んな動物にも出会います。

 

感想
前半は冬ごもりの準備で森で食べ物などを集める作業です。ここでは豊かな秋の森の描写がとても美しいです。子熊はお母さんを手伝ったり出会った動物と遊んだり楽しい時間を過ごします。お母さんは大人の熊らしくダイナミックに食べ物を採っていきます。

後半はおウチに帰って、暖炉で料理を作り、ロウソクの灯りで食事をします。そして子熊が冬ごもりに入る時に自分のベッドで一人で眠れるようにお母さんはぬいぐるみを作ってやります。寒い外に比べて家の中は体も心もあったかです。絵に描いたような幸せな情景です。

夜更けに雪が降り出してたので二人は玄関のドアを開けて外を見てみます。真っ暗な森に大きな粒の雪が文字通り降りしきっています。セリフのないこの見開き2ページはそれまであったかい描写だけだった中にポツンと外の寒さと自然の厳かな雰囲気を感じさせてくれます。これも美しいです。

全編に渡る子熊とお母さんの会話がいいです。子熊の無邪気さとお母さんの愛情が溢れていてほっこりさせられます。

こどもにとってのこの世の幸せを集めてきたかのような豊かな作品世界にハマる子は相当にハマると思います。

コメントは受け付けていません。