スーホの白い馬


文 大塚勇三(再話:モンゴル民話)
絵 赤羽末吉
発行 福音館書店
初版 1967/10/1
対象年齢 4歳から 自分で読むなら小学校中級向き
文字の量 やや少なめ
ページ数 48
発行部数 140万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
働き者の貧しい羊飼いスーホは、ある日白い子馬を拾ってきます。

スーホが大事に育てたので、子馬は美しく立派な馬へと成長します。

ある時スーホと白馬は、殿様主催の競馬に出場し、見事に1位となります。しかし、殿様はスーホに乱暴してケガをさせたうえに、白馬を奪ってしまいます。

後日、殿様はみなに見せびらかそうと白馬に乗ろうとしますが、白馬はこれを振り落とし、逃げ出してしまいます。

 

感想
モンゴルの楽器馬頭琴の由来を伝えるお話です。馬頭琴の音色を聞いてみたくなりました。

悲しいお話です。でも、時にはこういう話も子どもに読んであげたいなと思いました。他人の心の痛みを感じ取れるようになってくれたら。

4歳の子どもに実際読んでみましたが、反応は今ひとつ。悲しい話を読んであげるのは初めてなので、とまどった面もあるかも。時々子どもにはわからないであろう言葉が出てくるので、もう少し噛み砕いて聞かせてあげればよかったかな、とも思います。名作なので、是非今度また読んであげたいです。

赤羽末吉さんの絵が素晴らしく、この話にぴったりです。素朴でいながら、とても力のある絵です。

大人が読んでもいい本だと思います。

コメントは受け付けていません。