こねこのぴっち


文 ハンス・フィッシャー
絵 同上
訳 石井桃子
発行 岩波書店
初版 1954/12/10
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 59
発行部数 不明
オススメ度 A

概要
人間のおばあちゃんの家に住むぴっちは5人兄弟で一番小さい子猫です。他の子猫達が元気にいたずらをしたり遊びまわっていますが、ぴっちはそういう遊びが好きではありません。面白いことはないかと一人で家の外へ出ていきます。

ぴっちは色んな動物に出会います。怖い目にも遭います。ほんの家の周りだけですが、小さなぴっちにとっての冒険のお話です。

 

感想
1954が初版で未だに売れ続けているロングセラーです。絵もお話も可愛らしさ満載です。

ぴっちは最初の内出会う動物達の真似をして遊びます。自分もその動物になりたいと思って真剣にやります。それがまた可愛いです。

その後池に落ちてずぶ濡れになったり、怖い動物に襲われたりして、とうとう病気になってしまいます。そこから周りからの愛情と善意を一身に受ける様子は何とも心が温まります。

お話は3歳位でも十分楽しめる内容ですが、ページ数が結構ありますので一応4歳からにしました。でもこのお話を大好きになってくれるこどもなら3歳でもページ数は問題ではないかも知れませんね。

若干よくない点があります。見開きで絵がいっぱいに描かれて文章のないページが何ヶ所かあるのですが、その絵に対する文章がその前後のページにあります。そこまでは別にいいのですが、その文章のページには他の絵も書かれているので、文章が語っている情景がどの絵にあたるのか一瞬迷うことがあります。読み聞かせるのにちょっと不便です。

ぴっちのぬいぐるみ等、グッズも数多く出ているようです。可愛いですからね。

ハンス・フィッシャーさんの絵は一見雑なように感じて今まであまり好きではなかったのですが、この本を見て、それは私が見る目がなかっただけだった事がわかりました。活き活きとしてて動物たちの気持ちも使わってくるようです。

コメントは受け付けていません。