まどからおくりもの


文 五味太郎
絵 同上
発行 偕成社
初版 1983/11/
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 36
発行部数 121万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
サンタさんが、動物の子ども達や男の子の家にプレゼントを届けます。

でもこのサンタさん、ちょっと変わっています。煙突から入らないで、窓から見える様子だけで誰の家なのかを判断し、プレゼントを選ぶのです。

だから、ちょっと勘違いのプレゼントを贈ってしまうことが多いのです(笑)

それぞれの家の窓の部分が穴あきになっていて、外から部屋の中がちょっとだけ見えるようになっています。そしてページをめくると部屋の全景が見えるという仕掛け絵本です。

 

感想
窓から見えるのは、何かの動物を想像させるヒントのようなものなのですが、どれもだましが含まれており、まあ大人でもなかなか当たらないと思います。

当てることを楽しむのではなく、子どもにあれこれ想像してもらうこと、そしてページをめくると意外な動物が出てきて「あれれっ?こいつだったの~」となるのを楽しむものかなと思います。

このサンタさんもホントに間違えてばかりで、適当さ加減がなんだかかわいい。(そこも面白いところなんです。)これでいいのか?って心配しちゃいますが、結果的にはみんなが喜んでるからいいのかな。

絵もほのぼのした感じでいいですね。

コメントは受け付けていません。