ノラネコぐんだんパンこうじょう


文 工藤ノリコ
絵 同上
発行 白泉社
初版 2012/11/20
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

概要
ワンワンさんのパン工場をノラネコ軍団が覗いています。美味しそう!簡単に作れそう!

ノラネコ軍団は夜中にこっそりパン工場に忍び込み、見よう見まねでパンを作り始めますが…

 

感想
これは文句無しに面白い。名作『11ぴきのねこ』シリーズを彷彿とさせる面白さに、工藤ノリコさんの絶妙なセンスが加わって、さらにさらに細かく書き込まれた絵も楽しさを膨らませてくれます。

ハッキリ言って大人が見ても面白いです。ノラネコ軍団の表情や仕草、セリフなど、どれをとっても猫らしいズルさが見えてオモシロかわいいのです。

もちろんこどもにとってもエンターテイメント性十分です。お店にずらりと並んだパンやパンを作る過程などの興味をそそる場面、ノラネコ軍団の様子に笑っちゃう場面、パンが膨らみすぎてハラハラさせる場面など、内容が非常に濃くて引き込まれると思います。

文章のほとんどがセリフだけです。このお話はその方が面白いと思うので私はいいと思いますが、ちゃんとした文章の作品を求める方はご注意ください。でもこの本を読んであげたら、親子で楽しい時間になると思いますよ。

現時点でノラネコぐんだんシリーズは3作出ています。全部読みましたがどれを選んでも面白いです。3作とも基本的に同じ話の流れなので全部読んでいくと飽きるかと思いきや、どれも引き込まれてしまいました。水戸黄門や寅さんみたいな普遍性があって、結果がわかってても面白いというか、むしろ期待通りになるのが面白いという面もあるのかも知れません。

コメントは受け付けていません。