いいこってどんなこ?


文 ジーン・モデシット
絵 ロビン・スポワート
訳 もきかずこ
発行 冨山房
初版 1994/10/25
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
うさぎのバニー坊やがお母さんに尋ねます。「いい子って、どんな子?」

「泣かないのがいい子なの?」「いい子って強い子のこと?」
「怒りんぼはいい子じゃないよね」
「もっと可愛い子なら嬉しかった?」

いろんな聞き方をするバニーですが、この会話は最後の質問「僕がどんな子だったら一番うれしい?」に対してのお母さんの返事で締めくくられます。

 

感想
お母さんの返事は想像がつくと思います。『バニーは今のままで大好き。バニーらしくいてくれたらそれが一番』という内容の愛情のこもった言葉はバニーの自己肯定感を育むことでしょう。

でも、自分らしいって何だ?今の通りでいいと言うならわがまま放題でもいいのか?そんな風に思われる方もおられるかも知れません。もちろん親の愛というのはこどもを盲信することではないはずですよね。悪い方向へ道を間違えようと転んでしまおうとその都度起き上がって修正しながら前に進んでくれる事を信じることであり、その立ち上がる原動力になるのが自分を信じる心”自己肯定感”なのではないかと思います。

冒頭の献辞は

わたしたち みんなに

となっています。作者自身を含めた世の全ての人にささげられているのです。この作者さんはどんな人にも母親がいるあるいはいたという当たり前だけど忘れがちな事実を、心のどこかで常に認識されているような優しい人なのではないかとそんな風に思いました。

文は親子の会話内容のみで非常に少ないです。バニーの問いかけで2ページ、それに対するお母さんの返事で2ページ、それ位のペースです。余白が多いことがかえってそうさせるのか妙に心に響きます。

私のこどもも実際こんな事を考えることもあるのでしょうね。そういえば普段の会話にも…と気付かされることもありました。私も含めて、普段こどもにこんな言葉をかけてあげていないという親御さんには、この本が何かしらいいキッカケをくれるかも知れません。

絵はですね…優しい夢の中のようなタッチなんですけど、色がサイケデリックで暗い雰囲気なんですよ。そこが残念。それでちょっと引いちゃう人もいるんじゃないかな(汗)