はなをくんくん


文 ルース・クラウス
絵 マーク・サイモント
訳 きじまはじめ
発行 福音館書店
初版 1967/3/
対象年齢 3歳から 自分で読むなら小学校初級向き
文字の量 かなり少なめ
ページ数 31
発行部数 98万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
冬眠している、のねずみや、くまや、りす達。

ふと、みんなが目を覚まし始めます。

そして、みんながみんな、はなをくんくん。くんくんしながら、みんなは何かに導かれるように走っていきます。その先には…

 

感想(若干ネタバレ注意)
春の兆しを喜ぶ動物たちを描いた絵本です。くんくんというのは、春の気配をわずかな匂いで感じ取っているのでしょう。

最初はみんな雪の下で眠っています。そしてだんだん目を覚まし、くんくんし、走りだして、みんなが集まってきて…と、どんどん盛り上がっていきます。

絵はモノクロなのですが、最後にパッと小さい黄色い花が現れて、動物たちの喜びがより強く伝わってきます。

少ない文の中に同じ言葉が繰り返し出てきてリズムがいいし、子どもも馴染みやすいでしょう。特に「くんくん」は、語感もいいし、ちっちゃい子の興味を引くのでは。

でも一点だけ、注意すべき事が。トライポフォビア(同じ形状が集合している画像に恐怖感を覚える)の方は気になるかも知れないページが少しだけあります。決してそんなに顕著ではありませんよ、でも私も最初違和感のようなものをわずかに感じましたので、一応気に留めておいた方がいいかも。

コメントは受け付けていません。