すてきな三にんぐみ


文 トミー・アンゲラー
絵 同上
訳 いまえよしとも
発行 偕成社
初版 1969/12/
対象年齢 5歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 38
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
3人組の強盗団がいました。彼らは各々武器を持ち、馬車を襲い、お宝を奪います。

ある日襲った馬車にはみなし子の女の子ティファニーちゃんしかいませんでした。獲物はないので仕方なくティファニーちゃんを大事に抱え隠れ家へ帰ります。

翌朝目覚めたティファニーちゃんは、お宝を見つけ、「まぁ、これ、どうするの?」と3人組に尋ねますが…

 

感想
強盗は悪いことですからリアルに考えたらあり得ない絵本なんですけどね。この3人組、なかなかカッコいいです。表紙に描かれているように目だけが見えていて顔や表情は一切出てきません。スタイリッシュで、何者にも束縛されない自由と力があり、また影があってストイックな雰囲気もあり、男の子なんかは海賊などへの憧れと同じようなものを感じるかも知れません。さらにおまけにちょっと可愛いところもあるんですよ。

しかし後半、物語はティファニーちゃんの登場から一変します。よい方向に。そして思いがけぬ面白い方向に。いつの間にか『心温まる』と言って良い幕の閉じ方でお話は終わります。ここはネタバレしたら申し訳ないのでこれ以上一切説明しません。実際にお手にとってご覧ください。

夜の闇を青っぽい灰色で、強盗を黒で、ほとんどがこの2色を中心に描かれています。これがまたカッコいいと言いますか、美しいと言いますか、なかなか普通の絵本に見られない色使いで面白かったです。

この本は作者の娘さんに捧げられているそうですが、こんな個性的で面白いお話を聞かせてくれるお父さんっていいよなぁと思いました。

私はこの本、とってもいいと思うのですが、期待したほどウチの子にウケなかったので、仕方なくおすすめ度Bにしました(笑)

コメントは受け付けていません。