アレクサンダとぜんまいねずみ


文 レオ・レオニ
絵 同上
訳 谷川俊太郎
発行 好学社
初版 1988/4/
対象年齢 6歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 31
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
ねずみのアレクサンダを見つけた人間はいつも叫び声をあげたりほうきで追い回したりします。

でもおもちゃのねずみウィリーは人間のこどもに可愛がられています。

ウィリーを羨んでいたアレクサンダはある日ウィリーから不思議な話を聞きます。変身の魔法を使えるとかげがいるというのです。アレクサンダはおもちゃになりたいと願いますが…

 

感想
起承転結のしっかりしたストーリーのあるお話です。奥行きがあって考えさせられる部分もあるので対象年齢は少し高めの6歳からにしました。でもそれでいてストーリーはシンプルでわかりやすいので6歳より小さい子でも十分お話を理解できて楽しめるとは思います。

内容は基本的にファンタジーです。『幸せ』と思われるものに翻弄されるものの最終的には自分の幸せを顧みなくなった時に図らずもハッピーエンドとなります。

レオ・レオニさんの作品はまだそう多くは読んでいませんが、どれも本当に簡潔明快なお話なのにポツンと心に残る人生の秘密のようなものが含まれていて、そこが魅力のように感じます。本作もそういう味わいがありました。

それにしても絵が美しいです。夜の場面なんかは幻想的でさえあります。和洋入り混じったような多彩な模様が面白い味付けをしています。切り貼りだけでこんなにも静かで豊かなイメージを描けるんですね。

コメントは受け付けていません。