のせてのせて100かいだてのバス


文 マイク・スミス
絵 同上
訳 ふしみみさを
発行 ポプラ社
初版 2013/7/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 31
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
2階建てのバスの運転手さんは毎日同じことの繰り返しに飽き飽きしていました。

ある日の仕事中、今まで気づかなかった細い道に気付き、そこへ入ってみることにします。運転手さんはワクワクしてきました。やがて異変に気づいた乗客が問いかけると、運転手さんはこう答えます。「私もどこに行くのかわかりません。どこまででも行きますよ」

このバスは噂で大人気となり、だんだん乗客が増え、その分バスの上へ新しい階を増築していきます。

 

感想
電車やバスで通勤しているお疲れのお父さん、このままずっと乗り続けたらどこに行くのかな?って一度は考えたことありませんか?。私なんてしょっちゅう妄想していましたよ(笑)。本書はそんな妄想を現実にしてしまった夢のあるバスのお話です。お父さんはもちろん、こどもにもウケると思いますよ。ウチの子は喜んで見ていました。

運転手さんの素晴らしい思い付きからくるワクワク感がたまりません。何があるかわからないという事はなんと楽しいのでしょうか。その気持ちを乗客みんなが共有しているところがさらに楽しさを増します。途中で乗客たちが歌います。「なんにもぼくらをとめられない!。」…く~私も乗りたい(涙)

そしてさらに乗客が協力してバスの階数を増やしていくというアイデア。自由すぎます(笑)。ここがまたこどもが食いつくポイントです。だんだんと階数が増えていく過程が描かれていて、最後の方の1ページだけ仕掛けがしてあって、折りたたまれた縦に長いページを広げていくと100階建てのバスの全容が見られるようになっています。アナログ感たっぷりのユーモアのあるデザインです。

ラストは見てのお楽しみ。まさに誰にも止められないのであります。

コメントは受け付けていません。