ぞうくんのさんぽ


文 なかのひろたか
絵 同上
レタリング なかのまさたか
発行 福音館書店
初版 1977/4/
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 27
発行部数 133万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要(注意:結末まで記載)
ぞうくんがお散歩にでかけました。

途中で会った動物たちを背中に載せてあげます。でもだんだん重くなってふらつき、とうとうお池にドボーン。

でもお天気がいいからみんなで水遊びです。

 

感想

表紙を見てみてください。のほほんとした雰囲気のデフォルメされた動物たちがかわいいです。見た目だけでなく、行動ものんびりしてて何だか癒されます。お話の世界も、ほのぼのしてて平和そのもの。

でもその中にちょっとしたハプニングがあって、見どころになります。お池に落ちるシーンは、ストップモーションのような描き方で迫力がありますね。とぼけた(本人は一所懸命なんでしょうけど)動物たちのかわいい表情も見れていいです。子どもも喜びそう。

シンプルな話なので小さい子でもわかりやすくて、それでいて起承転結もしっかりある。2歳前後の子どもにジャストフィットの内容だと思います。

コメントは受け付けていません。