ちからたろう


文 いまえよしとも
絵 たしませいぞう
発行 ポプラ社
初版 1967/6/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 36
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
あるところにおじいさんとおばあさんが暮らしていました。二人は貧しくお風呂さえも滅多に入れないほどです。

二人は、自分たちにはこどももいないし風呂でこんび(あか)を落としてそれでこども代わりの人形でも作ろうと話します。

こうしてできた人形にご飯を供えると、なんと手を出して食べ始めたではありませんか。二人は驚いてその後三食食べさせるようにします。

ある日突然口を開いたその人形はおじいさんに「百貫目(375kg)の金棒を作って欲しい」と頼みます。おじいさんは立つこともできぬのにどうするのかと不思議に思いながらも無理して金棒を作らせますが…

おなじみの昔話です。

 

感想
ちからたろうの豪快さが楽しいお話です。その名の通りものすごい力持ちなのです。その力を示すエピソードの数々がすごすぎて笑っちゃうほどです。

ストーリーは桃太郎などと同じで、旅の途中で仲間と出会い、最終的に悪者をやっつけて幸せな暮らしをつかむというものです。

文中に特徴的な擬態語(これも豪快な雰囲気)がよく出てきます。これがまた楽しさを盛り上げます。絵もまた迫力と妙な愛嬌があっていいです。文章も絵もすべてがこのお話のイメージをさらに豊かなものにしています。

小学校の教科書にも出ているお話だそうです。なので若干字が多いしページ数も多いです。でも面白いので4歳位でも飽きないと思います。

コメントは受け付けていません。