おひめさまようちえん


文 のぶみ
絵 同上
発行 えほんの杜
初版 2009/4/4
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
アンちゃんの家の近所に大きなお城のようなものが建ちました。実はここは、おひめさまようちえん。

中へ入れてもらうと、おひめさまのきれいな衣装を着せてもらった子ども達が、キラキラの豪華な遊具で遊んだりしています。アンちゃんもドレスを着て、宝石を着けてご満悦。

すっかりここが気に入ったアンちゃんは、入園テストを受けることになります。さてさてアンちゃんはテストに合格できるでしょうか?

でもアンちゃん、ちょっとおてんばなんですよね(汗)大丈夫かな~

 

感想
女の子の夢いっぱいの絵本です。前に娘が「私お姫様になりたい」とか言ってたのを思い出して、この本を見せてあげました。気に入ってくれたみたいです。

なんかもう、ほとんどのページにキラキラマークがいっぱいですよ(笑)最初、図書館でこの本を見かけた時、パラパラめくってみたら、あまりにどっぷりのお姫様世界ぶりに笑みを隠せませんでした。作者の方も楽しんで作られたんでしょうね。

この作者ののぶみさんは、NHKの「みいつけたぁ!」でも絵を書いてるんですね。どこかで見た感じの絵だと思っていましたが、やっぱりそうでした。かわいくて、親しみやすく、この話にピッタリだと思います。

話の後半は入園テストになるわけですが、ここからアンちゃんの隠れていたおてんばキャラが発動して楽しくなってきます。この辺りは見てのお楽しみ。

挿絵の中に、作者のメッセージがこっそり隠されています。「のぶみにおてがみを!」って。そして本のカバーの裏には、読者が書いたお姫様が紹介されています。そんなコミュニケーションも大切にされているようです。

コメントは受け付けていません。