はせがわくんきらいや


文 長谷川集平
絵 同上
発行 ブッキング
初版 2003/8/15
対象年齢 10歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
主人公の男の子は長谷川くんの同級生。長谷川くんは森永ヒ素ミルク中毒事件の被害者で体が不自由です。

主人公は長谷川くんが嫌いです。なよなよしてて、みんなの足を引っ張り、一緒にいるとサポートが大変なのです。

 

感想
あとがきに書いてありましたが、この本の作者は長谷川くん本人です。本当に森永ヒ素ミルク中毒事件で障害を持った方です。このお話はそういう方でないと書けないのではないでしょうか。小細工なしでど真ん中に直球を投げ込まれたような作品です。

お話は主人公の心の中にある思いが語られる形で、長谷川くんとの数々のエピソードが描かれていきます。この主人公はすごいです。普通の人は恐らく長谷川くんの事を可哀想と思いつつも、微妙に距離をおきがちなのではないでしょうか。主人公はその対極とも言える対応です。長谷川くんに対し「泣くな!」と殴ったりしちゃいます。一緒にいると大変だから嫌いだと言いつつも(多分心の中でだけ)何かと助けています。表面的な対応じゃないんです。作者には実際にこんな友だちがいたのでしょうか。もうすごく考えさせられました。

文字はすべて手書きで漢字には一切ルビがふってありません。それもあって10歳からとしました。ストーリーは難しいものではないので、もっと小さい子でも読み聞かせならある程度理解できると思います。

ヘタウマ風の絵ですが、こども達の表情がいいです。迫力もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。