14ひきのあさごはん


文 いわむらかずお
絵 同上
発行 童心社
初版 1983/7/10
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 118万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要(注意:結末まで記載)
14匹の野ねずみの一家のお話です。

朝起きて、顔を洗い、みんなで朝食の準備をします。あるものは野いちごを摘みに、あるものはどんぐりパンを作ったり、きのこスープを作ったり。

最後はみんなで朝食を囲みます。

 

感想
このシリーズは絵が魅力です。緻密に書き込まれた絵は、見ていて飽きないですし、仲の良い家族のほのぼのした雰囲気が伝わってきます。自然も美しく描かれています。

登場人物を一人ひとり追ってみると、ちょっとしたドラマが隠れていたりもします。それぞれのキャラクターも考えて作られているんですね。その辺がわかってくると、より楽しめますよ。

みんなで準備して、みんなで食べる朝食はさぞ美味しいことでしょう。(末っ子のとっくんも、ちゃーんとお手伝いしていますよ。)毎日こんな風に暮らしていけたら、幸せだろうなぁ。

全編にわたって、見開き2ページに大きく緻密な絵が描かれていて、文章は一番下にほんの一行づつしかありません。絵を見ていくだけでほとんどお話がわかります。

文章に書いてあることを絵の中で探してみたり、ちょっとした絵さがしとしても楽しめます。

このいわむらかずおさんの14ひきシリーズは私の大のお気に入り。この他の作品もご紹介しています。『いわむらかずお』のタグからどうぞ。ちなみに私の一番のお気に入りは『14ひきのおつきみ』。とても美しい本なので機会があればご覧になってください。

コメントは受け付けていません。