14ひきのあさごはん


文 いわむらかずお
絵 同上
発行 童心社
初版 1983/7/10
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 118万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

14ひきのあさごはん のあらすじ・内容(注意:結末まで記載)

14匹の野ねずみの一家のお話です。

早朝、一番早起きのおじいさんが家の前で一人焚き火をしているところから物語は始まります。

他のみんなも起き始めて、顔を洗い、みんなで朝食の準備をします。

お父さんは薪を割っておじいさんと焚き火できのこスープ作り。男の子を中心としたグループは野いちごを摘みに。おばあさんお母さんを始めとする女性陣はどんぐりの粉でパンを焼きます。

最後はみんなで朝食を囲みます。

14ひきのあさごはん の解説・感想

何と言っても緻密で美しい絵が魅力

このシリーズは絵が魅力です。緻密に書き込まれた絵は、見ていて飽きないですし、仲の良い家族のほのぼのした雰囲気が伝わってきます。自然も美しく描かれています。子どもって細かいところまで絵をよく見ていますから、隅々まで楽しめるかと思います。

小さなエピソードが隠れている

登場人物を一人ひとり追ってみると、ちょっとしたドラマが隠れていたりもします。それぞれのキャラクターも考えて作られているんですね。その辺がわかってくると、より楽しめますよ。末っ子のまだ小さなとっくんも、ちゃーんとお手伝いしていますよ。

なんだこの充実感は

みんなで準備して、みんなで食べる朝食はさぞ美味しいことでしょう。ただ朝ごはんを食べるだけの内容なのに、この充実感・豊かさなは何?って感じです。朝の一時だけでこれですから丸一日を考えたらどうなっちゃうんでしょう。毎日こんな風に暮らしていけたら、幸せだろうなぁ。

ほんのわずかな文章

全編にわたって、見開き2ページに大きく緻密な絵が描かれていて、文章は一番下にほんの一行づつしかありません。絵を見ていくだけでほとんどお話がわかります。

絵さがしとしても

文章に書いてあることを絵の中で探してみたり、ちょっとした絵さがしとしても楽しめます。また昆虫が何種類か出てきます。虫好きなお子さんには嬉しいページもありますよ。

このいわむらかずおさんの14ひきシリーズは私の大のお気に入り。この他の作品もご紹介しています。『いわむらかずお』のタグからどうぞ。ちなみに私の一番のお気に入りは『14ひきのおつきみ』。とても美しい本なので機会があればご覧になってください。

ミリオンぶっくの冊子では、本書は2歳からとなっています。童心社のサイトでは3歳からとなっています。結局子どもによるでしょうね。早い子は2歳でも問題ないと思いますのでここでは2歳からとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。